第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

新卒2年目の転職成功を叶える鍵はメリットとデメリットを考えること

新卒2年目の転職成功を叶える鍵はメリットとデメリットを考えること
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「転職を成功させるにはどうしたらいい!?」と悩んではいませんか?

この記事では、新卒2年目の転職を成功させるコツについてお話しします。

新卒2年目の転職は珍しいことではない!約6割は3年以内に転職を経験している

新卒2年目だけど転職したい、、、

転職を成功させるにはどうしたらいいんだろう!?

こんなふうに思っていませんか?

新卒入社した会社を辞めて転職するのは、誰だって不安です。

  • やっぱり3年は辞めるべきじゃない!?
  • 転職するのは間違い!?
  • キャリアに傷がつくかも

このように悩みますよね。ぼくも24歳で転職を経験したので、同じように悩みました。

 

しかし現在は、新卒入社した約3割の新社会人は3年以内に離職をしている時代です。

はじめての退社時期(転職時期)を聞いたデータを見ても、

  • 1年目 17.7%
  • 2年目 23.0%
  • 3年目 25.7%

※4年目以降割愛
出典:マイナビ転職より抜粋

このように全体で約6割が3年以内に転職を経験しています。

つまり、新卒2年目の転職は全く珍しいことではないんです。

 

ただし、転職を成功させるには、

  • 新卒2年目で転職するメリットとデメリットをきちんと把握すること
  • そのデメリットを埋めるための転職術をおさえること

この2つがとても大切です。

まずは、新卒2年目で転職をするメリットやデメリットについてお話ししていくので、チェックしてみてくださいね。

頭に入れておこう!新卒2年目で転職するメリット&デメリット

はじめにこれだけは伝えておきますが、転職には必ずリスクがあります。

ですが、リスクを背負うからこそ、自分のキャリアにプラスをもたらす可能性があるのもまた転職です。

最初にお話ししたように、新卒2年目の転職は不安だと思います。

それは、もしかしたらリスクがありそうだということを本能的に察知しているからですよね。

そこで知っておきたいのが、新卒2年目で転職するメリット・デメリットです。

 

デメリットよりもメリットが上回る(上回りそう)と思えるなら、転職を検討する価値は大いにありますし、デメリットだらけだと思えるなら、転職すべきではないと言えます。

まずは新卒2年目で転職するデメリットを見ていきましょう。

新卒2年目の転職は実績や経験を評価してもらうのが難しい

新卒2年目で転職する大きなデメリットは、

  • 実績を評価されにくい
  • 経験やスキルを活かしにくい

など、信用を得にくいことです。

石の上にも3年という言葉もあるように、一般的には3年以上の経験を求められるケースが多いです。

 

もちろん、あくまでも3年は目安に過ぎないのですが、職務経験を重視する企業や実績・スキルに厳格な求人には転職が難しくなります。

また、採用担当者の立場としては、

採用担当

どうして苦労して入社した会社を2年で辞めるんだろう、、、

なにか問題を抱えているのだろうか

このような不安を覚えます。

信用を得るために、きちんとした転職理由を用意することは大切ですよ。

新卒2年目の転職は希望が叶わないこともある

  • 転職をするにあたって、
  • 給料を上げたい
  • こんな仕事をしてみたい
  • 残業を減らしたい

など、様々な希望があると思います。

しかし、新卒2年目の転職では、希望のすべてが叶うわけではないことは頭に入れておきましょう。

とくに、

  • 「大手企業への転職」
  • 「年収の大幅なアップ」
  • 「残業ゼロ」

などは、可能性がないわけではありませんが、これらを目指すならライバルが増えることは覚悟しておいてください。

大手企業への転職や年収の大幅アップは、人材価値が高い転職者が有利になります。

つまり、バリバリ経験を積んだ20代後半や30代前半がライバルになる可能性も高いというわけです。

ですから、どの程度の希望なら叶えられそうかを事前に予測しておくことも大切です。

新卒2年目の転職で転職回数が増える

すぐデメリットになるわけではありませんが、転職回数についても考えておいたほうが後のためになります。

採用担当者に対して、転職回数は何回目から気になるかリサーチしたデータによれば、

転職歴は何回目くらいから気になりますか?
(企業人事とキャリアアドバイザーにアンケート調査)

  1. 3回 36%
  2. 5回 18%
  3. 4回 12%
  4. 2回 8%
  5. 1回 8%

以下省略

参照データ:リクナビNEXTより一部抜粋

このように、3回目からが圧倒的に多い結果になっています。

 

また、転職回数別の転職成功率は以下のような結果が出ています。

引用データ:キャリアコンパスより抜粋

2回目は半数を下回り、3回目は20%にも満たないことが分かります。

 

新卒2年目で転職するということは、大卒なら24歳前後、高卒であれば20歳前後で1度目の転職をすることになります。

つまり、転職回数を気にせずに転職できるのはあと2回。成功率が高いのは今回の転職が最後ということになります。

もちろん、これはデータ上の話ではありますが、1度目の転職は非常に貴重なチャンスだということが分かるはずです。

このチャンスを活かせるようにしっかり準備を整えてくださいね。

新卒2年目の転職はいろいろなチャンスがある

では次に、メリットについて見ていきましょう。

新卒2年目で転職する最大のメリットは、実はチャンスがたくさんあるということです。

冒頭でもお話ししたように、勤続年数が短いと、

  • やっぱり3年は辞めるべきじゃない!?
  • 転職するのは間違い!?
  • キャリアに傷がつくかも

と考え、転職は不利になると思いがちです。

 

しかし実際は、

  • ポテンシャルで採用してもらいやすい
  • 異業種など未経験の仕事にも挑戦しやすい
  • やりなおしがききやすい

などチャンスに満ちあふれているのが、新卒2年目の転職です。「若い」ということが大きな武器になるのです。

 

経験やスキルに不安があったり、未経験の仕事でも、若ければ将来性を見込まれ採用されることもありますし、20代中盤くらいまでなら、キャリアのやり直しも大きな痛手にはなりません。

このように新卒2年目〜3年目で転職するチャンスはたくさんあることは、きちんと頭に入れておきましょう。

新卒2年目〜3年目までは第二新卒として転職できる

新卒2年目は、第二新卒として転職できるのも大きなメリットと言えます。

一般的に第二新卒というのは、新卒で入社した会社を3年以内に退社し転職活動をする人のことを指します。

第二新卒のメリットは以下の通りです。

  • 第二新卒の人材は人気がある
  • 第二新卒枠を設けている企業もある
  • リスタートしやすい環境で働ける

ご存知かもしれませんが、現在は新卒の売り手市場で人手不足が叫ばれているため、第二新卒者の人気は非常に高いです。

第二新卒枠を設けて採用活動をしている企業もあるので、新卒2年目でも採用されやすい環境になっています。

また、採用されたあとに研修が充実していたり、新卒と同期のような感覚で仕事ができるので、リスタートしやすいのも大きなメリットになります。

新卒2年目の転職経験が自信になる

これはぼく自身が感じたことですが、若いうちに転職を経験しておくことは自信につながるということもメリットのひとつです。

 

正直言って、転職は簡単なことではありません。

仕事をしながら転職先を自分の力で見つけなくてはいけませんし、面接ではアピール力や信用を問われます。同時に、退職活動をうまくこなす必要もあります。

しかし、そうした経験を新卒2年目で乗り越えておくと、自分を見つめ直すことができますし、一回りも二回りも成長できます。

20代後半のキャリアに向けて前向きになれるのもメリットではないでしょうか。

 

誰しも「良くなりたい」「今の環境を変えたい」と思い、新卒2年目の転職をするはずです。

乗り越えるだけの価値はありますから、メリットとデメリットをよく考えて挑戦しましょうね。

新卒2年目の転職を成功させるにはデメリットをしっかりカバーして転職を進めよう

さてここまで、新卒2年目で転職するメリットとデメリットについてお話ししてきました。

デメリットよりもメリットのほうが上回りそうでしょうか?

 

次に大切なのは、デメリットをしっかりカバーして転職を進めることです。

お話ししたデメリットの解決策をまとめると、

  • 信用を得るために、きちんとした転職理由を用意する
  • どの程度の希望なら叶えられそうかを事前に予測しておく
  • 1度目の転職を無駄にしないように万全の体制で臨む

このような感じになります。

わりと当たり前のことのように思えるかもしれませんが、これらをきちんとカバーするのはなかなか難しいかもしれません。

印象の良い転職理由ってどんなもの!?

どの程度の希望が叶うかなんてわからない。。。

という人が大半だと思います。

そこでどうしたら良いかというと、ずばり転職エージェントに相談してみましょう。

転職エージェントというのは、転職相談に乗ってもらえたり、求人を紹介してもらえたり、転職サポートを無料でしてくれる転職サービスです。

キャリアアドバイザーという担当者が個別にサポートしてくれるので、デメリットをカバーするにはどうしたらいいかを相談することをおすすめします。

 

最近は、第二新卒者に特化したサービスも増えていますし、20代なら「非公開求人」「20代限定求人」を紹介される可能性も高いです。

まだエージェントを活用していないなら、キャリアアドバイザーとコネクションをつくることからはじめましょう。

 

ちなみに、20代の転職におすすめできるエージェントは、マイナビワークスが運営する「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代を専門的にサポートしてくれるエージェントです。

大手マイナビのサービスだけあって、20代転職者をピンポイントで求めている企業が豊富で、さまざまな仕事を紹介してもらえます。

応募する企業の情報も細かく教えてもらえるので、非常に使いやすいです。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀
となっていますから、上記のエリアで転職するなら登録しておきたいエージェントです。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選