第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

転職面接はどんな感じで進むの?面接の進み方をチェック

社会人3年目,転職
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

転職面接ってどんな感じで進むのか。。。
不安になりますよね。

実は、面接の進み方には一般的な流れがあります。

この記事では、
知っておくと安心な転職面接の進み方
をお伝えします。

 

転職の面接はとにかく緊張するものですよね。
第二新卒の方であればもちろんですが、20代前半で転職する場合も「転職面接は初めて」という方も多いと思います。

  • 上手くアピールできるのか?
  • しっかりと回答ができるか?
  • 新卒の面接とはやっぱり違う?
と不安になると思います。
また、想定外の質問をされたらどうしよう…という心配もあるのではないでしょうか。

 

しかし、大抵は転職面接で聞かれる質問内容や全体の流れはある程度決まっています。
言葉が変わったりや順番が変わることはあるかもしれませんが、中身の部分はどの企業でも共通する流れがあるものです。

この記事では、そんな転職面接の定番質問や流れをまとめてみました。

一般的な転職面接の進み方や定番化している質問内容をチェック

社会人2年目,転職

多くの場合、面接は30分前後から長くても1時間くらいの時間を取って行われます。
この間に

  • 「企業側は知りたい情報を得る必要がある」
  • 「応募者側は伝えたいことをしっかりとアピールする必要がある」
このように考えることができます。

 

初対面同士が、30分という短い時間で各々のことを深く知ることはとても難しいことです。
そのため、効率的に相手を知るためにある程度の質問内容は定番化したものになるのが一般的です。

 

面接の始まりから終わりまでの一連の流れも、大体は決まっています。
その流れを知り、定番の質問内容は頭に入れておくことで不安はいくらか解消できるのではないでしょうか。

①入室する

面接が行われる部屋に入る動作から、面接官はチェックをしています。
入室時のノックや挨拶はしっかりとして、良い第一印象を与えることはとても大切です。

②挨拶と着席

着席前に面接官に挨拶を忘れないようにしましょう。
また、「どうぞ」と言われてから着席することにも気をつけてください。

③定番の質問または企業からの説明

質問が行われるか、企業の説明が行われるか、どちらが先かは企業によります。

面接官が話をしている時は、相槌を打つなど興味を持つ姿勢を出すのが好印象です。
「理解した」「共感した」ということを示すようにしてください。

定番の質問としては、

  • 「志望動機」
  • 「前職で得た経験・スキル」
  • 「転職理由」
  • 「退職理由」
  • 「自己PR」
といったものです。
ここに挙げたものは、必ずと言っていいほど聞かれるものです。
そのため、予め答えを練って用意しておくことが基本になります。

④定番質問に関連する質問・定番以外の質問

社会人1年目,転職

企業側が、とくに知りたいと思った情報をさらに掘り下げた形で質問してくることもあります。

また、ひと通り定番質問が済んだ後は、想定されない質問をされる場合もあるでしょう。
そのような時には、その質問の裏にはどういった意図があるのか?をよく考えてみましょう。

急に想定されない質問をされるのは焦りますが、どんな質問も必ず何か意図があってされます

その場ですぐに良い回答をするのは難しいですが、このことを頭に入れておくことで、マイナス評価になるような回答をせずに済む可能性は高まります。

⑤応募者側から企業側への質問

面接官から「何か質問があればどうぞ」と面接の最後の段階で聞かれることが多いです。
どうしても聞く必要がある質問は簡潔にまとめておきましょう。

無い場合でも「とくにありません」で済ますのはもったいないです。
無理に質問を作る必要はありませんが、入社意欲を改めて示すなどしたほうが好印象です。

⑥今後についての説明そして退室

合否についてや採用された場合など、今後についての説明を受ける場合もあります。
面接の終わりには、面接の機会を与えてもらったことへの感謝を伝えましょう。

退室時にはドアを閉めるときも挨拶を忘れないようにしてください。

転職面接は前もって対策をしておくことがとても大切

社会人1年目,転職

一般的な転職面接はこのような流れで行われることが普通です。
繰り返しになりますが、企業によって、定番質問の形は変わってくるかもしれませんが、基本的な聞きたいことに関してはある程度の共通性があるはずです。

つまり面接官は、定番質問の段階である程度の採否の可能性を重点的にチェックしている可能性が高いのです。

 

このことから、最初の15分程度は面接の中でも最も大切な時間帯になります。
とくに集中するように心がけてください。

緊張を和らげるためにも、転職面接の一般的な流れを押さえ、面接官の質問の意図や目的を予め知っておくことはとても大切なことです。

 

こういった定番質問に対する答え方などは、転職支援サービスに登録して、前もって面接対策をしっかり行なっておきましょう。

転職支援サービスに登録すれば、キャリアアドバイザーという担当者が、

  • 希望に合わせた求人紹介
  • 応募書類のアドバイス
  • 企業別の面接対策

などのサポートをしてくれます。

 

キャリアアドバイザーは、紹介する求人に関しては、前もって企業に訪問して採用担当者と打ち合わせをしていることがほとんどなので、「面接のコツ」を把握しています。

企業は、どんなニーズがあって求人を募集しているか、どんな人材を求めているのか、などをキャリアアドバイザーから聞き出すことができるのです。

 

とくに20代転職に力を入れている転職支援サービスは、丁寧に話を聞いてくれますし、はじめての面接で分からないことを相談しやすくおすすめです。

 

大手で有名どころであれば、マイナビが運営している
「マイナビジョブ20’s」がおすすめです。

20代転職専門の転職エージェント「マイナビジョブ20’s」

20代専門のキャリアアドバイザーが対応してくれるので相談がしやすいですし、大手のサービスで求人数が多いので希望の仕事が見つかりやすいです。

⇒『マイナビジョブ20’s』の公式サイトへ

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選