第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

社会人3年目の転職面接で面接官がチェックする3つのポイント

Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

面接では何をチェックされるか不安ですよね。。。

しかし、面接官がチェックするポイントは
だいたい決まっています。

この記事では、
『面接官がチェックする3つのポイント』
をお伝えします。

 

面接は得意!という方も中にはいると思いますが、、、

  • 緊張してしまっていつも失敗してしまう…
  • 上手く自分をアピールできない…

など、苦手意識を持っている方が多いのではないかと思います。

 

面接に限らず「場数を踏んで慣れるしかない」ということはよく言われるので、経験をすればするほどコツが掴めてくるでしょう。

しかし、転職活動にはそれほど時間はかけられませんよね。

就活とは違い、転職活動はゆっくり経験を積むわけにもいきません。

 

社会人3年目のみなさんであっても、在職中であれば面接のために時間を作ったり、休みを取ったりしなくてはいけないからです。

少ない時間の中で効率的に転職活動を進めるためには、成功のコツを知ったり良いサポートを受けるのが1番です。

 

面接にも、ある程度はどの企業も共通して面接官がチェックするポイントや成功のコツというものがあります。

この記事では「面接官がチェックするポイント」を中心に面接を成功させるために気をつけたい項目をまとめてみました。

スポンサードリンク

面接官がチェックする3つのポイントとは?

面接官は、大まかに3つのポイントを意識して応募者をチェックしています。

応募者側はこのことを意識して面接に望むことで、面接官に「ポイントを押さえた応募者である」と印象づけることが可能になります。

1.仕事や入社に対する熱意をチェック

社会人2年目,転職

新卒の就活時と同じく、

  • 「仕事に対してどれだけ熱意を持っているのか」
  • 「入社することに対する意欲はどれだけあるのか」

という2つのポイントは、転職面接の時にも大事なポイントになります。

 

いくら経験豊富でスキルがあったとしても、熱意や意欲を感じられない応募者とは一緒に働きたくないものです。

仮に、同じような経験とスキルを持った応募者が数名いたとすると、最終的には「どれだけ熱意があり意欲的か」を判断材料として使う可能性も高いです。

 

ですので、仕事に対しての熱意や意欲、入社への強い気持ちを面接時には忘れずにアピールするようにしてください。

スポンサードリンク

2.実務でどれだけ能力を発揮できるかチェック

第二新卒や20代の転職者は、まだ経験が浅い場合が多いですが、基本的には新卒の面接とは違い、転職面接では「これまでの経験」「どんな能力があるか」といったことが最も重要視されます。

 

そのため、予め応募書類に記載してある自分のアピールポイントやスキル、経験などは、面接でもしっかり説明できるように準備しておきましょう。

 

とくに、応募企業の実務で活かせるような能力に関しては、面接官に分かりやすいように積極的なアピールを心がけましょう

3.自社に適応できる人物かをチェック

転職に自信がない…そんな時は 自分の評価ではなく第三者の評価も考える!

企業にはそれぞれ特徴や社風があり、働いている社員の雰囲気も違います。
いくら入社意欲が高く、経験豊富な人材であっても、

  • 「社員と良い関係を築けないのでは…」
  • 「果たして自社に適応できる人材だろうか?」

と疑問を感じさせるような印象を持った場合には、採用を躊躇してしまうものです。

 

この辺は「フィーリングが合う、合わない」といったことに繋がってくるので、どうにもできない場合もあります。

しかし、最低限のマナーを心がけることで
「良い人間関係を作ることが出来る人材」としてのアピールはできるはずです。

  • 面接官の話をよく聞く
  • 自分のことだけをアピールしない
  • 場の空気をきちんと読む

このようなことを意識しておけば、面接官に嫌な印象を与えることは少ないはずです。

スポンサードリンク

社会人3年目の転職面接は3つのポイントを意識して臨む!

社会人1年目,転職
  • 「熱意や意欲」
  • 「経験・能力」
  • 「適応能力」

この3つのポイントを意識して面接に望むことが大切です。

 

また、企業は組織で成り立っているので、社員同士が協力し合い成り立っています。

社会人3年目の若い時期は、どうしても自分のことだけを考えてしまいますが、「自分だけ」という姿勢ではなく、「社員と協力し合い成果をあげる」という姿勢も忘れないようにしましょう。

転職面接の3つのポイントをさらに万全にするための方法

転職面接の準備をさらに万端にするには、

  • 企業側のニーズ
  • 企業側が欲しがっている人材像

などを知る必要があります。

これプラス、3つのポイントを意識して転職面接に臨めば、企業には魅力的な人物に映るはずです。

 

企業側のニーズやほしがっている人材像は、求人情報などからも読み取ることはできますが、それはあくまで推測でしかありません。
最も確実に情報を得るには、転職支援サービスを利用しましょう。

 

転職支援サービスに登録すれば、キャリアアドバイザーという担当者が、企業の深い情報を教えてくれるので、ニーズや企業がほしい人材像を知ることができます。

とくに、第二新卒転職に力を注いでいる転職支援サービスを利用すれば、キャリアアドバイザーが丁寧に対応してくれるのでおすすめです。

 

以下の記事では、第二新卒や20代の転職に強い転職エージェントをまとめています。併せて参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選