第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

希望の給与額を聞かれたらどう伝える?第二新卒の転職面接でのお金の話

希望の給与額を聞かれたらどう伝える?第二新卒の転職面接でのお金の話
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

転職で希望給与額を聞かれたら。。。
どうしようか悩みますよね。

この記事では、
希望給与額を聞かれたときの対応術
をお伝えします。

少しでも参考になれば嬉しいです!

希望の給与額を聞かれたらどう答えたらいい!?

「希望する給与額は?」

転職面接ではこのような「お金」の話を聞かれる事もあります。

 

しかし、お金の交渉は神経を使うことが多いですよね。
普段の生活でもそうですが、転職面接でも同じことです。

金額を高く答えるのは印象が悪くなりそうだな
とはいえ、以前より低いというのも困るような。。。

こんな風に考える人も多いのではないでしょうか?

 

社会人経験が少ないうちに転職する第二新卒者は、給与額の調整で悪い印象を持たれたくないはずです。

そんなデリケートな話題とも言える「希望給与額」。
どう伝えたらいいのでしょうか!?

希望給与額は前職と同じくらい。入社してからの成果を評価してもらおう!

希望給与額は前職と同じくらいで入社してからの成果を評価してもらおう

結論から言うと、、、最初の給与額にこだわるよりも、

「入社してからの成果を上げて評価してもらう」

この姿勢で面接に挑んだほうがリスクはありません。

 

20代前半、第二新卒者は、キャリアが浅いこともあり、年収アップを期待してもなかなか実現できないのが現実です。

ですから、前職と同じくらいを希望給与として伝えるのが1番賢い方法です。

 

もしも、平均的に給与が高い業種などから転職する場合に、転職先の給与額にだいぶ差があったとしても、「前職はこのくらいでしたが、応募企業の規定に従います。」という伝え方が好ましいです。

 

また、給与が確実にダウンするのに転職する場合は、面接官がそのことを詳しく聞こうとします。

面接官からしてみれば、「給与がダウンするのに転職するのはなぜだろう?」「なにか特別な理由があるのだろうか?」と疑問に思うからです。

 

その場合は、

  • 「給与額よりもこういった目的があるので転職を決意しました。」
  • 「会社に貢献が出来たらそのときは評価をしてください。」

というように前向きに理由を伝えて、面接官の疑問にしっかり答えることを忘れないようにしましょうね。

最初から年収UPを狙っている場合に気をつけたいこと

最初から年収UPを狙っている場合に気をつけるべきこと

しかし、転職を決意したそもそもの理由が「年収アップ」なのであれば、それを実現するために、人事担当者と交渉が必要になってくるかもしれません。

交渉で年収アップを勝ち取ることも可能ですが、当然それだけ企業から大きな期待がかかることも忘れないようにしましょう。

 

仕事に対する結果を強く求められたり、難しい仕事を初めから任せられるかもしれません。

もちろん、それに答えられるなら問題ありませんが、新しい職場はなかなか思い通りには事が運ばないですし、最初は上手くいかないことが多いことです。

「環境に慣れる」「新しいやり方を理解する」それだけでも数ヶ月かかることがあります。

 

「社会人経験は浅いけど結果は出してきた」という人でも、自分のペースを握って仕事を進めるのには、時間がかかります。

せっかく転職したのに、自分の首を締めてしまう結果にならないように気をつけましょうね。

「希望給与額は現状維持」を目指して転職活動をすることが大切!

ここまでのお話で、「入社してからの貢献で給与を上げていく」というのが第二新卒転職の給与交渉の基本ということがお分かりいただけたと思います。

しかし注意して欲しいのが、なるべく給与ダウンしない形で転職することを目指してほしい、ということです。

 

定期的に入っていた金額の給与が減ってしまうのは、思っているよりもモチベーションが下がることですし、せっかく転職しても「これじゃあやっていけない…」と感じてしまったら、また転職を考えることになります。

希望給与額を考えるときは、「ダウンしてもしょうがない」と最初から諦めるのはやめて、「最低限、現状維持を目指す」という努力を忘れないようにしてください。

 

しかし第二新卒者にとって、給与額を維持しながら転職を成功させることはなかなか難しいものです。

「第二新卒だから、給与ダウンもしょうがないかも。。。」と考える人もいるはずです。

 

そこを諦めず、転職支援サービスをうまく活用して転職活動を進めましょう。

転職支援サービスを使えば、

  • 希望や経験・スキルに合った求人紹介
  • 応募書類や面接のアドバイス
  • 転職の不安や悩み相談
  • 企業との給与交渉

などを無料でサポートしてもらえます。

「今の給与額を維持したい」と伝えておけば、それに見合った求人を探してくれますし、企業側と給与交渉をしてくれる場合もあるので、積極的に利用することをおすすめします。

 

ちなみに、第二新卒や20代転職に強い転職支援サービスでおすすめできるのは、「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代転職者を専門的にサポートしているので、第二新卒に特化した求人に出会いやすいので安心して利用できます。

第二新卒転職専門のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので、給与の不安など聞きづらいことも相談しやすいです。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀
となっていますから、上記のエリアで転職するなら真っ先に登録しておきたいエージェントです。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

 

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選