第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

退職は誰に伝える?円満退社するために社会人1年目から3年目のあなたが知っておくべきこと

退職は誰に伝える?円満退社するために社会人1年目から3年目のあなたが知っておくべきことの画像
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

退職するときは円満退社したいものですよね。

実は、退職の伝え方などにもしっかりルールがあります。

この記事では、
「円満退社するためのコツ」
をお話しします。

少しでも参考になれば嬉しいです!

円満退社は後のキャリアを考えると大切。しっかりマナーを守ろう

職先を決めることと、同じ位大切になってくるのが「退職の仕方」

当然ですが、転職するのであればいつかは退職願を会社に提出しなくてはいけません。
そのタイミングや出し方に悩む人も多いのではないでしょうか。

 

転職経験が豊富なら悩む必要はありませんが、社会人1年目から3年目で転職をする第二新卒のあなたであれば、そもそも転職が初めてのケースがほとんどだと思います。

 

この記事では、

  • 退職を伝えるタイミング」
  • 「誰に最初に伝えるべきか」
  • 「もしも引き止められたらどうしたらいいか」

この3つのポイントを中心にどうするべきかをまとめています。

 

結局は去ることになる会社であったとしても、「円満退社」は後のキャリアを考えると大事なことです。

退職は、しっかりマナーを守って行動することを心がけましょうね。

退職の意思がしっかり固まるまでは転職の話は自分の中だけに

225

間違えてしまうと何一つ良いことがないのが「退職を伝えるタイミング」です。

 

転職活動は基本的に「会社には知られないように行う」のが一般的です。
なぜかと言うと、

  • 転職活動がどうしても上手く行かない。。。
  • 転職活動をしてみたら今の会社の良さが見えてきた。。。

こんなことが絶対に無いとは限りません。

 

そんな場合、あなたはどうするでしょう?
きっと、「やっぱり社に残ろうかな。。。」と考えを改めるはずです。

 

しかし、すでに退職を伝えていたらどうなるでしょう。
会社に残ることは難しくなります。

仮に残れたとしても、一度退職願を出した社員に対して、会社や上司、同僚はどう思うか想像してみてください。
きっと、これまでと同じようには見てくれないでしょう。

 

また、転職活動をしていることが会社に知れ渡ってしまうことで、周りからの不必要なプレッシャーや嫌がらせが無いとも言えません。

転職自体は全く悪いことではありませんが、社員や上司の中には「自分だけここから抜け出そうとするなんて。。。」と考える人もいます。

 

ですから、退職は「意思をしっかりと固めてから伝える」これを徹底しましょう。

転職先が決まって、もう後戻りはしない、という位の堅い意志が必要です。
それまでは、仲の良い同僚に話すことも控えましょう。

退職を最初に伝えるのは必ず直属の上司に!

226

その意思が固まったら、まずは誰に退職願を出せばいいのでしょうか?

それは、「直属の上司に話をする」のが常識です。

 

退職を伝えるタイミング同様に、これだけは守らないと、上司に不快な思いをさせてしまうので注意が必要です。

上司以外に最初に退職を伝えてしまうと、上司に「なぜ最初に自分に話をしないのか?」と思われてしまいます。

 

上司との関係が悪くなってしまいますし、上司に対して「部下への教育が出来ていない」という理由で、会社からマイナス評価が与えられてしまうかもしれません。

こうなると、本来引き継ぎ等でしっかり仕事をしなくてはいけない退職までの期間を、毎日気まずい思いをして過ごさなくてはいけません。これは結構辛いことです。

 

「知らなかった。。。」では済まないこともあります。
そうならないためにも、マナーを守って退職へと進んでいきましょうね。

退職や転職を引き止められる事態も想定しておく

"退職や転職を引き止められる事態も想定しておく/

会社によっては、退職の意思を示しても、会社に残ってほしいと引き止められることもあります。

とくに、「上司から会社に残るようにと説得を受けた」なんてことが多いです。

上司は、あなたのことを思って転職を引きとめようとしているのかもしれないですし、会社の都合でどうしても退職してほしくはないのかもしれません。

 

いずれにしても、そんな時は、転職をする理由が何なのかをよく考えましょう。

説得に応じるのも、転職をするのも、どちらが正しいとも間違いとも言えません。

 

結局は、転職にかけるあなたの思いが大切です。

引き止めに応じて数ヶ月経って、「あの時、説得に応じなければよかった…」と後悔しても、それは自分の責任です。

 

ですから、もし気持ちが揺らいだ時は、すぐには返答せずに「転職をする理由は何だったのか」をよく考えてから答えを出すことをおすすめします。

転職の意志が固まっているなら転職エージェントを活用して円満退社を目指そう!

転職の意志が固まっているなら転職エージェントを活用して円満退社を目指そう!

もしも転職の意志がすでにしっかり固まっているなら、転職エージェントに登録して退職のアドバイスを受けることをおすすめします。

社会人経験が少ない第二新卒者は、退職のマナーや進め方に不安があるはずですから、キャリアアドバイザーにアドバイスをもらいながら「退職活動」を進めたほうが安心です。

 

とくに第二新卒転職に力を注いでいる転職エージェントであれば、親身に相談に乗ってもらえるのでおすすめです。

「転職したいけど、どうやって退職は進めたらいいのか?」と相談してみましょう。

 

もちろん、転職エージェントに登録すれば、

  • 第二新卒枠の求人紹介
  • 面接や応募書類対策
  • 転職の不安や悩み相談

などのサポートも受けられるので、活用しないで転職活動を進めるのは勿体ないです。

 

ちなみに、20代転職や第二新卒転職に強い転職エージェントとしておすすめできるのは、「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

マイナビはご存知の方も多いと思いますが、24歳から29歳までの20代転職者を専門的にサポートしているサービスです。

第二新卒転職を専門にしているキャリアアドバイザーが対応してくれるので、初歩的なマナーなどを聞きやすいですし、アドバイスも的確です。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀
となっていますから、上記のエリアで転職するなら真っ先に登録しておきたいエージェントです。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

 

第二新卒・20代に強い転職エージェントは、以下のページにまとめていますから、ぜひ参考にしてくださいね。

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選