第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

新卒1年目から3年目未満の転職者が注意すべき2つのこと

Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

新卒3年未満で転職するのは不安ですよね。。。

実は第二新卒転職には、いくつかコツがあります。

この記事では、
転職するときに注意すべき2つのポイント
をお伝えします。

あなたの転職活動に少しでも参考になれば嬉しいです!

 

新卒で就職したものの、社会人1年から3年目で転職を考えるのにはそれなりの理由があるでしょう。
あなたの転職理由はどんなものですか?

短期間で会社を辞めるということは、ポジティブな理由よりもネガティブな理由が多いもの。
会社側にも何かしら問題があるということも。。。

不本意だけど、あの環境ではとてもやっていけなかった。。。
出来ることなら、もう少し続けるべきかもしれないけど。。。無理かも

そんな悔しい気持ちで転職を決意する人も多いかもしれません。

もし、あなたもそうであれば、転職活動で注意すべきポイントが存在します。

この記事では、新卒で社会人になったものの、不本意な形で転職を考える人が、面接や応募書類で気をつけなくてはいけないポイント2つまとめてみました。
ぜひ、参考にしてください!

スポンサードリンク

新卒1年から3年未満で転職するあなたが気をつけたい2つのポイント

278

会社批判や会社の悪口は決して良い評価にはつながらない

転職理由が会社側の問題であるとしても、それを面接で話すのはタブー。
応募書類でも、前の会社に非があるように記載するのもNGです。

たとえ、「本当に会社側に問題がある」「ブラック企業」だったとしても、退職理由や転職理由で会社の悪口を言うのはやめておきましょう。

なぜなら、面接官や人事担当者は、会社のことを悪く言う人に、ネガティブな印象を持ってしまうからです。
採用しても同じような理由で辞められないか心配になります。

自分に非が無いとしても、

  • 前職が嫌だったから転職を考えたのでは。。。
  • また同じような理由で辞めてしまうのでは。。。

というように、真意が伝わらないままに評価を下げられてしまう可能性があります。
これは、避けるべきです。

「本当はもっと続けたかったけど、会社が。。。」「必死にがんばったけれど、会社の問題でどうしても。。。」という悔しい気持ちは分かります。
しかし、転職を成功させるためにここは愚痴をこぼさずに我慢しましょう。

では、どういう表現にしたら良いのかというと、

  • 前職よりも御社のほうが自分はこういった理由で活躍できる
  • 前職よりも次の仕事のほうがこういった理由で成長していける

このような、ポジティブでこれからを見据えたイメージが大事です。
会社批判や悪口に聞こえない表現を心がけましょう。

また、新卒1年から3年目など短期間で転職をすることに「反省」の気持ちを表すのも忘れてはいけません。

「自分の企業研究不足が、短期間での退職につながってしまった。」というように、「反省」と自分に責任があることを素直に認める姿勢は、好感を持たれます。

自分の過去をしっかりと見つめ、受け止め、それを今後に生かす努力をしているのであれば、マイナス面もポジティブなイメージになります。

スポンサードリンク

退職理由や転職理由が複数ある場合でもひとつに絞る

279

退職や転職を決意する理由は、必ずしもひとつではないはずです。

  • 人間関係が悪い
  • 労働時間が長すぎる
  • 自分がやりたい仕事ができない
  • 給与に不満がある

など、大きな理由もあれば、小さな理由もあるでしょう。

それらが積み重なった結果、転職や退職を決意するに至ったのだと思います。

 

しかし、あえてその理由をいくつも伝える必要はありません。

仮に、「ネガティブな転職理由・退職理由」をポジティブに変換出来ても、たくさんの理由を挙げすぎると、会社批判や悪口のように聞こえてしまうものです。

また、そもそも退職理由や転職理由の回答に、時間を多くかけるのは好ましいことではありません。

それぞれの理由に対して、面接官から質問をされると理由を説明するのに結構な時間がかかってしまいます。

転職面接は、自分をアピールしたり、これからの自分を話すための場です。
短い時間の中で、どれだけ「自分」を知ってもらえるかで採否が決まります。

そのため「退職理由や転職理由はひとつに絞って簡潔におさめる」これが望ましいのです。

スポンサードリンク

要注意!新卒1年目から3年目未満で転職する人が注意すべき2つのこと:まとめ

275
  • ポジティブでこれからを見据えたイメージを示す
  • これまでの反省とそれを生かす姿勢を伝える
  • 転職・退職理由はひとつに絞り簡潔にする

これらのポイントを頭に入れておくことが大切です。

 

新卒1年から3年目の短期間で転職する場合、企業の方針、面接官や採用担当者によりますが、往々にしてマイナス評価をされるものです。

 

「そのマイナス面を、いかにポジティブな方向へ持っていけるか」これが、転職を成功させるための大きなポイントです。

 

また、退職理由や転職理由は、面接で必ず聞かれる定番質問です。

前もってひとつに絞り、前向きな理由に置き換え説明できるように、しっかり準備しておきましょう。

 

第二新卒転職を考えているなら、こちらの記事もご覧になってください。きっと転職活動の参考になるはずです。

スポンサードリンク

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選