第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

第二新卒の転職時期を徹底分析!タイミングを図るときに注意したい3つのポイント

第二新卒の転職時期を徹底分析!タイミングを図るときに注意したい3つのポイント
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

転職のタイミングを図るのは難しいですよね。。。

この記事では、
「転職時期のタイミングを図るための3つのポイント」
についてお話しします。

少しでも参考になれば嬉しいです!

第二新卒転職のタイミングを計るなら注意したい3つのポイント

第二新卒で転職を考えている人なら、「転職時期の良いタイミングはいつ?」ということが気になるのではないでしょうか?

転職するにしても「良い求人が多い時期」「転職しやすい時期」のほうが転職成功の可能性が高まると考えられるので、タイミングを図るのはメリットがあるように思えます。

 

しかし、単純に「第二新卒者は入社何年目のこのあたりが転職に最適な時期」というような答えを求めているとしたら注意が必要です。

なぜなら、「自分にとってのベストな転職時期」を見失うことになってしまうかもしれません。

 

転職時期のタイミングをはかるには、注意したい3つのポイントがあります。

  • 採用のニーズが高まる時期を把握すること
  • 自分に必要な転職期間を把握すること
  • タイミングを図ることがプラスか探ること

この3つを見極めることができれば、自分にとってのベストな時期がおのずと見えてくるはず。詳しく説明していくので、チェックしてみてくださいね。

第二新卒の転職タイミングは『採用ニーズが高まる時期』を把握しておく

採用のニーズが高まる時期を把握しておく

”採用のニーズが高まる”=”求人が増える”ということです。

求人の絶対数が増えると、良い求人数(適合した求人)も増えると考えられますので、この時期を把握しておくことは、タイミングを考える上でとても重要です。

毎年ある程度決まっているので、ここに照準を合わせて転職活動を開始すれば、ベストな求人に出会う可能性も高められます。

 

その時期はいつか?というと、一般的な企業では

  • 3月から4月
  • 9月から10月

この期間です。

 

新しい事業が立ち上がったり、退職する人が多いので、それに対応して新しい求人が増えます。

第二新卒の転職には最適なタイミングと言えるのですが、一方で転職者も増えるので競争率は当然上がります。

このあたりをどう考えるかという問題は残りますが、この時期に狙いを定めてスケジュールを練っておくのは1つの方法です。

 

また、1月や2月(7月、8月)に転職活動をしている場合は、1〜2ヶ月先まで様子を見てスケジューリングするのもひとつの手です。

どうしても良い求人に巡り会えない場合でも、少しだけ時期をズラしただけで状況が変わることもあるからです。

自分に必要な転職期間を把握して第二新卒転職のタイミングを計る

自分に必要な転職期間を把握すること

転職活動で大切になってくるのが、転職のスケジュール管理です。

転職にかかる期間は人それぞれ異なるので、自分の状況に合わせてスケジュールを組み立てることが大切です。

 

転職活動は「3ヶ月くらいを目安に!」という話を聞いたことがある人も多いと思います。これは間違いではありませんが、「転職活動」をどう捉えるかでだいぶその基準も変わってきます。

 

「企業に応募、書類選考、面接、そして内定」という流れを「転職活動」と考えているなら、早くて数週間、長くても3ヶ月ぐらいが目安かもしれません。

 

しかし、これらがハッキリしていない場合はどうでしょう?

  • どんな分野の仕事に応募したらいいか
  • 志望業界はどんな職種があるか
  • 自分の能力や経験の自己分析
  • 今の職場はどのタイミングで退職できるか

明確な答えを出すための準備期間が必要になると、数週間で転職とはいきませんよね。

とくに、退職タイミングとの折り合いもあるので、「円満退社」するためにも事前のスケジュール管理が大切です。

 

第二新卒の転職時期を考える前に、この辺をしっかり把握するようにしてください。

行き当たりばったりだと、退職がうまくいかないこともあるので注意しましょうね。

タイミングを測ることが第二新卒転職にプラスになるか見極めることも大切

タイミングを測ることが 自分にとってプラスか見極めること

最後に考えておくべきは、そもそもタイミングを図ることが自分にとってプラスに働くのかを見極めることです。

 

転職する理由は人それぞれ、転職したい度合いも違いますよね。

「どうしても転職したい」「今、転職する理由がある」という人は、タイミングどうこうよりも、転職活動を1日も早く開始したほうが自分のためです。

 

タイミングを図ること自体が、自分のパフォーマンス・やる気を低下させてしまうかもしれませんし、ブラック企業のように「仕事をすること自体、厳しい環境」の場合などは、タイミングを図っていては体がもたない、ということもあります。

 

たしかに、社会人1年目で転職となると「受け入れてくれる企業がグンと少なくなってしまう」というような現実はあります。

しかし、動き出さないことが逆にリスクになる場合もありますから、後悔しないためにも、「自分にとってプラスのタイミングはいつか?」をよく考えて転職活動を進めることが大切です。

タイミングを図るとしても第二新卒転職の準備は早めにスタートしよう

さてここまで、「第二新卒の転職時期」についてお話してきましたが、転職のベストタイミングを図るのはとても難しいことです。

それぞれ転職理由があり、目指す職種や業種も違ってくるからです。

 

しかし、どんな転職者にも共通して言えることは、「転職の準備は早めにスタートさせておいて損はない」ということです。

転職のタイミングを図るにしても、準備をしっかり整えておけば、スピーディーに動き出せるからです。

ですから、転職の準備が不足していると感じるなら、まずはしっかり準備をしましょう。

 

転職準備は、1人で行うよりも転職エージェントの力を借りて進めたほうが効率的、そしてタイミングも図りやすくおすすめです。

求人動向を知り尽くしている転職エージェントに話を聞けば、適切なアドバイスがもらえるからです。

 

自分の状況や転職マーケットを客観的に判断してタイミングを図るのは難しいですから、早い段階で転職エージェントに相談して準備を進めるのがおすすめです。

第二新卒の転職におすすめできる転職エージェントとは?

ちなみに、第二新卒転職に強い転職エージェントとしておすすめできるのは、「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代の転職者を専門にサポートしているエージェントなので、転職に不慣れでも親切に転職活動をバックアップしてもらうことができます。

また、

  • 20代専門求人の数が多い
  • 転職のノウハウを豊富に教えてくれる
  • 分からないことを相談がしやすい

など、安心して利用できますよ。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀
となっていますから、上記のエリアで転職するなら登録しておきたいエージェントです。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選