第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

社会人3年未満で転職するべきか迷ったら考えたい3つのこと

社会人3年未満で転職するべきか迷ったら考えたい3つのこと
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

社会人3年未満だと転職するか迷いますよね。。。

しかし実は、若いうちの転職はデメリットだけではありません。

この記事では、「転職するか迷ったときに考えたいこと」をお話しします。

社会人3年未満で転職するべきか迷ったら具体的な行動に移してみよう

転職するべきか悩む。。。
社会人になって3年も経っていないのに
転職していいのかな。。。

こんな風に悩んではいませんか?転職は大きな決断です。迷うのはみんな同じですよね。

とくに社会人3年未満の人にとっては、短期間で辞めていいだろうかという後ろめたさ、キャリアへの不安がつきまとうはずです。

 

事実、社会人2年目で転職をした管理人もそうでした。

  • 「こんなすぐ辞めて、この先どうする?」
  • 「周りにはどう思われるだろう?」
  • 「転職理由こんなでいいの?」

いろいろなことを考えて、結論がでない日が続いたことを覚えています。

 

転職するべきか迷って悩んでいると、仕事にもなかなか集中できませんよね。

どちらを選ぶにしても、中途半端なままに過ごすのは、仕事上も精神的にもかなりマイナスです。

 

しかし、頭の中であれこれ悩んでいても、スッキリとした結論は出ません。具体的な行動に移してみることが大切だとぼくは思っています。

 

この記事では、「転職するべきか迷ったときにどうしたらいいのか」そのヒントをまとめています。

決断するのはあなた自身ですが、なにかひとつでも参考になれば嬉しいです。

転職するべきか迷う理由:社会人3年未満で転職してもいい!?

転職するべきか迷う理由 社会人3年未満で転職してもいい!?

もしも、あなたの転職するべきか迷う1番の理由が

  • 3年も続けていないのに辞めるべきじゃないのでは!?
  • 石の上にも3年というし、忍耐不足?

というような、「社会人3年未満は辞めるべきではない」という固定観念からであれば、あまりそれを気にする必要はありません。

 

なぜかというと、「第二新卒」という言葉が一般化しているとおり、社会人3年未満で転職をすることは、とくに珍しいことではなくなっているからです。

厚生労働省が発表しているデータでも、「新卒で入社した会社を3年以内に離職する人は3割」という数字が出ています。(これは大卒のデータで、高卒では4割とされています。)

 

さらに近年では、第二新卒者をターゲットにした求人数が増加傾向にあることが、某転職サイトのデータで明らかになっています。

こんなことからも、「3年続けなくては次が無い」というのは正しくはありません。

 

もちろん、転職がすんなり決まると楽観視するのはNGですが、「社会人3年未満だから転職できないのでは?」という理由で迷う必要もないのです。

それよりも、「なぜ転職したいのか整理する」「転職先の情報収集をしてみる」など具体的に動いていくほうが建設的かつ現実的ではないでしょうか。

転職するべきか迷ったら考えたい3つのこと

転職するべきか迷ったら 考えたい3つのこと

冒頭でもお話したように、転職するべきか迷うのはみんな同じです。

しかし、頭の中だけでああだこうだ考えていても、やはり答えは出ませんよね。

そんなときは、できるだけ具体的に動いてみましょう。

 

具体的に動くと言っても、いきなり転職活動を始めればいいわけではありません。

頭で考えるだけではなく、具体的に自分の思いを整理してみたり、希望の転職先の情報を集めていく、というところからスタートしましょう。

 

きっとあなたが転職すべきか迷うのは、「自分の現在の立ち位置」がハッキリしていないからではないでしょうか。

転職したいけど、、、それってなぜなんだろう
転職するとどうなるんだろう
そもそも転職先って本当にある?

転職理由も、転職のリスクも、転職先の目標も、なんだかボンヤリしていませんか?

 

まずは、次の3つのポイントを考えてみましょう。

転職するべきか迷ったら『そもそもなぜ転職したいのかしっかり整理してみる』

転職するべきか迷ったら 考えたい3つのこと

自分の転職理由くらいは分かっている、という人もいると思います。

しかし案外、本当に大切にしなくてはいけない転職理由が、悩んでいるうちに曖昧になっていることも多いので、注意が必要です。

  • 転職しようと思ったキッカケは?
  • 転職で何を叶えたい?
  • 転職するなら何を再優先にする?

まずは、この3つをノートに書き出してみましょう。

 

転職するべきか悩むあいだに、そもそものキッカケや転職で叶えたいことから遠ざかってしまうことがあります。

周りの声だったり、世間体だったり、無理だと思い込んでいることだったり、それらは切り離して、あなたの本心をもう一度確認してみることはとても大切です。

転職するべきか迷ったら『どんなリスクがあるのかを現実的に整理してみる』

転職するべきか迷ったら 考えたい3つのこと

どんな転職であっても、やはりリスクは生じます。

あなたが現職を辞めることで、どんなリスクを背負うことになるのか現実的に整理してみてください。

 

例えばこんな感じです。

  • 転職が決まるまで、生活費を貯金でまかなうにはいくらかかるか
  • 今の業界で自分の目指す立場になるには、転職は不利なのか
  • 現職よりも給与が下がってしまう可能性はあるか

など、あなたがリスクになると思われることを具体的に書きだしてみましょう。

 

リスクに目を向けるのは、あまり気の進むことではありませんが、転職を考えるのであれば、どこかで向き合わなくてはいけないことになります。

リスクばかりが不安になってしまうのも考え物ですが、とくに金銭的な面は、生活する上で大事なポイントです。

予め具体的な目安を知っておきましょう。

 

また、転職しないにしても、何かしらのリスクは生じるということを知っておきましょうね。

転職するべきか迷ったら『転職先の情報収集をしてみる』

転職するべきか迷ったら 考えたい3つのこと

転職すべきか迷っているのなら、転職先の情報収集をするのが最も効果的です。

転職したい会社や業界・職種があるのなら、

  • 実際に店舗などがあるのなら訪問してみる
  • 転職したい業界の本を読んでみる
  • 転職したい仕事をしている知人がいれば話を聞いてみる

こんな風に行動に移すことで、実際に自分が働く姿をリアルに想像できるようになります。

 

もし、転職先を具体的に思い描けないときでも、今どんな求人があるのか、応募可能な求人はどんなものか、給与はどの程度もらえそうか、などを転職サイトでチェックすることをおすすめします。

 

いくら転職しようと思っても、転職先が無ければ転職はできません。

また、転職先にどんなニーズがあるのかを理解できないと、「中途採用」を勝ち取ることはできません。

転職先の情報収集をすることで、自分が今どんな位置に立っていて転職をするためにはどうすればいいのか、ということがある程度見えてきます。

転職するべきかと、頭であれこれ悩んでいるよりは、実際に手を動かして気持ちを整理したり、外に出て情報収集をしてみましょう。

社会人3年未満で転職するなら初めにやるべきこと

実際に転職するなら まずはじめにやるべきこと

このように、具体的に動きながら考えていけば、「転職する」または「やはり現職を続ける」どちらかの答えかに傾いてくるはずです。

どちらにしても、自分が納得してこの先の社会人生活を送れるのであれば、それが「正解」といえます。

 

「転職をすると決めた」または「転職に気持ちが傾いている」ならば、最初の段階でやっておいてほしいことがあります。

それは、転職を成功させるための環境作りです。

 

「転職」と簡単に言いますが、転職を成功させるには

  • 「退職を申し出る」
  • 「退職日を決める」
  • 「転職先を探す」
  • 「面接日を決める」
  • 「入社日を決める」

など、大雑把に考えてもこれだけクリアすることがあります。

これをあなた1人の力で乗り切るのは、かなりの負担になってしまいます。

 

社会人3年未満で転職するのであれば、転職事情を熟知したパートナーに頼ったほうが、転職が成功する確率は高くなります。

 

ここは、積極的に転職エージェントの「キャリアアドバイザー」に助けを借りまりょう。

転職エージェントに登録をすれば、

  • あなたに合った求人紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接対策・アドバイス
  • 面接日の調整
  • 入社日の調整

などを担当のキャリアアドバイザーがサポートしてくれます。

 

そうすれば、転職活動にかかる「精神的な負担」や「物理的な負担」がかなり軽減されます。

本当に重要な「書類作成」「面接」に的を絞って力を注ぐことができるのです。

実際に転職するなら まずはじめにやるべきこと

管理人のぼく自身は、転職活動が上手く行かないことをきっかけに転職エージェントを利用しました。

その後は、「これまでは何だったんだろう。。。」というくらいにスムーズに転職が決まったので、転職エージェントを利用しない手はないと思っています。

 

とくに社会人3年以内の転職であれば、右も左も分からない状態。そんなときは、素直に転職エージェントのような支援サービスを頼るのが賢い選択です。

 

ちなみに、20代の転職に強い転職エージェントでおすすめできるのは、「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代転職者を専門にサポートしているエージェントなので、第二新卒枠の求人も豊富で、転職活動が有利に進みます。

”20代専任”のキャリアアドバイザーが転職活動の準備から内定を取るまで、親切丁寧にアドバイスしてくれるのもおすすめできるポイントです。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっていますから、上記のエリアで転職するなら必ず登録しておきたいエージェントです。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選