第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

資格なし・スキルなしの20代でも転職できる3つのコツ

資格なし・スキルなしの20代でも転職できる3つのコツの画像
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「資格もスキルもないけど転職できるかな…」と悩んでいませんか?

この記事では
「20代の転職を資格なし・スキルなしで転職するコツ」
についてお話ししますね。

スキルも資格なし…20代の転職を成功させたいけど不安

転職を考えているけど、特別な資格もないし、これといったスキルもない。。。

これじゃあ転職が不安だな…

こんなふうに、20代の転職に不安を抱えてはいませんか?

 

実は、ビジネスパーソンに「応募書類や面接で自信をもってアピールできることは思いつきますか?」というアンケートを取った結果、約6割(59.1%)が「思いつかない」と回答しているんです。

参照元:DODA https://doda.jp/guide/ishiki/

 

半数以上の人は、自分には特別アピールできることがないと考えているので、「資格やスキルがないから不安」というのはそれほど珍しいことではありません。

 

とはいえ、、、20代の転職に資格やスキルなしで臨むのは不安ですよね。

「もし転職先が決まらなかったらどうしよう…」と思ったりするはずです。

 

ということで、採用担当者は20代の転職者に何を期待しているのか?を元にして、転職を成功させるコツをお話していきます。

 

しかしその前に、本当に資格なし・スキルなしは20代転職で不利になるのか…そのあたりから考えてみましょう。

資格なし・スキルなしは不利!?20代だからこそ転職チャンスがある

資格なし・スキルなしは不利!?20代だからこそ転職チャンスがある

「資格やスキルがないのが不利なのは当たり前じゃない!?」

そう思うのは当然ですし、たしかに資格やスキルが豊富なライバルがいたら、見劣りしてしまうのも事実です。

 

しかし、考え方を変えれば、20代の今だからこそ

  • 年齢的な優位性があるので転職しやすい
  • 未経験分野でも資格やスキルがなくても挑戦しやすい

というケースがあることも認識しておきましょう。

 

例えば、

  • 30代後半
  • 資格やスキルは豊富
  • 20代
  • 資格やスキルには不安がある

こんな2人が採用試験に臨んだとします。

企業の考え方や業界によっては、「これから伸びる人」「考え方に柔軟性がありそうな人」という面を優先して、20代の応募者を採用することもあるというわけです。

 

ポテンシャルを感じさせる20代だからこそ、資格やスキルが足りなくても採用されるチャンスがある、というのは嘘ではないので、「20代の今だからがんばって希望の転職を叶える」という姿勢も大切ですよ。

20代で資格なし・スキルなしでも転職を成功させるコツとは!?

20代で資格なし・スキルなしでも転職を成功させるコツとは!?

20代だからこそ転職チャンスがある、とお話しましたが、、、

勘違いしてほしくないのは、資格なし・スキルなしでも簡単に転職できるというわけではありません。

 

冒頭でもお話したように、採用担当者が20代の応募者に何を期待しているかを考えて転職活動を進めることが大切です。

 

ここからは、20代の転職で重視されるポイントを3つに絞ったので、ひとつずつ見ていきましょうね。

仕事にかける思い・業界への熱意を伝えることが20代転職のコツ

仕事にかける思い・業界への熱意を伝えることが20代転職のコツ

採用担当者は、20代の応募者に何を期待しているかを考えるときに参考にしたいのが、「第二新卒の採用で重視した基準」という採用担当者にアンケートを取ったデータです。

 

このデータによると、最も多かった基準が「入社意欲の高さ」

実に、41.5%の採用担当者が入社する意欲を重視していると答えています。(参照元:マイナビ転職 中途採用状況調査)

 

ですから、とくに20代中盤くらいまでの第二新卒転職をする方は、

  • その仕事にかける熱意
  • 会社への思い
  • 業界への思い

などを伝えることが、最も効果的な20代転職のコツと言えます。

 

当たり前のことかもしれませんが、資格やスキルにばかり気持ちが向いていると、根本的な「なぜこの会社に応募したいか」が抜け落ちてしまうこともあります。

仕事にかける熱意や会社、業界への思いをしっかり伝えることは忘れないようにしましょうね。

一緒に働きたいと思ってもらうことが20代転職のコツ

一緒に働きたいと思ってもらうことが20代転職のコツ

先に挙げた「第二新卒の採用で重視した基準」のデータで、次いで多いのが

  • 一緒に働ける人材か   36.5%
  • 社内に合いそうな人物か 33.7%

という「人物像」に関する基準です。

(参照元:マイナビ転職 中途採用状況調査)

 

20代転職の採用基準としては、「人柄の良さ」「素直に話を聞いてくれるかどうか」「周りと上手くやれそうか」など、人間的な部分を重視する採用担当者は多いのです。

 

個人的な印象ですが、とくに中小企業ではこうした傾向が高く、

  • 社風に合っているので採用した
  • 経歴は不安だけど真面目に仕事をしてくれそう

というような理由で採用が決まることもあります。

 

ですから、採用担当者や面接官を前にしたときに、まずは自分から「この人達と一緒に働きたい」と思うことが大切です。

返報性の原理と言って、相手に対して好意を持てば、相手も好意を返してくれやすくなるという原理があるからです。

返報性の原理とは?

人は他人から何らかの施しを受けた場合に、お返しをしなければならないという感情を抱くが、こうした心理をいう。

参照元:wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/返報性の原理

一緒に働きたいと思ってもらいやすい状況を作ることも、20代転職を成功させるコツと言えます。

職務経験を具体的にアピールすることが20代転職のコツ

職務経験を具体的にアピールすることが20代転職のコツ

最後に、とくに20代中盤から後半の人におすすめしたいのが、資格やスキルが形としての凝っていない場合は、これまでの職務経験を具体的にアピールすることです。

資格・スキルなどは、

  • 簿記検定◯級を保持しています
  • FPの資格を持っています
  • TOEICは◯◯◯点です

というように、最低限一言アピールすれば完結しますよね。

しかし、それがかえってあっさりし過ぎて、意外に採用担当者や面接官の心には残らないことも多いです。

 

ですから、具体例を出してストーリー性のあるアピールが効果的です。

私の強みは、◯◯にある

それを物語るのは、こんなお客様とのやり取り

(エピソードを伝える)

その結果、こんな評価を得た

このくらい売上に貢献した

というように、印象的な職務経験を1つ挙げて伝えたほうが、採用担当者や面接官はイメージが沸きやすく、心に残りやすいと言われています。

たとえ資格やスキルがなくても、伝え方次第で良いイメージを残すことは可能なので、ぜひ取り入れてみてください。

20代転職の成功にはアピールポイントの明確化・情報収集の徹底が大切

20代転職の成功にはアピールポイントの明確化・情報収集の徹底が大切
  • 仕事にかける思い・業界への熱意を伝える
  • 一緒に働きたいと思ってもらう
  • 職務経験を具体的にアピールする

 

と、資格なし・スキルなしでも20代転職を成功させるコツを3つお話していきました。

しかし、「そうは言うけど、正直どうアピールしたらいいのか悩むな…」という人もいるのではないでしょうか?

 

これは、自己分析や応募する企業の情報収集がきちんとできていない可能性があります。

ですから、転職エージェントに相談して

  • 自分のアピールポイントを明確にする
  • 企業の情報収集を徹底する

ことをおすすめします。

 

転職エージェントに相談すれば、キャリアアドバイザーという担当者が、「キャリアカウンセリング」「希望にあった求人の紹介」「応募企業の詳細な情報提供」などをサポートしてくれます。

これを利用すれば、資格やスキルがなくても「20代転職で何をアピールすればいいのか」が明確になります。

 

また、キャリアアドバイザーは企業の採用担当者と打ち合わせをして求人紹介をするのが仕事なので、

  • どんな仕事内容を任されるのか
  • 職場の雰囲気や社風
  • 上司の人柄
  • 求めている人物像

などを教えてもらうことができます。

このおかげで、一緒に働きたいと思ってもらうにはどうしたらいいかを的確に知ることもできます。

 

資格なし・スキルなしでも、自分のアピールポイントや企業の情報をきちんと捉えていれば、転職はうまくいきます。

キャリアアドバイザーに積極的に相談してみてくださいね。

20代の転職におすすめの転職エージェントとは!?

転職エージェントは、20代転職に強いサービスを使うのがポイントになります。

なかでもおすすめできるのは、大手マイナビが運営している「マイナビジョブ20’s」です。

20代転職専門の転職エージェント「マイナビジョブ20’s」

24歳から29歳までの20代転職者を専門にサポートしているエージェントなので、フィットした求人情報に出会いやすいです。

また、20代専任のキャリアアドバイザーにサポートしてもらえるので、資格なし・スキルなしの不安など、聞きにくいことが相談しやすくおすすめですね。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっていますから、上記のエリアで転職するなら真っ先に登録しておきたいエージェントです。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選