第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

不安な23歳の転職。失敗しないためには人柄と熱意を示すが勝ち!

不安な23歳の転職。失敗しないためには人柄と熱意を示すが勝ち!の画像
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「23歳の転職は不安…」
こんなふうに悩んではいませんか?

この記事では、
「23歳の転職を失敗しないために考え方」
についてお話ししますね。

不安な23歳の転職。ネガティブに考える必要はない理由

突然ですが、あなたが23歳で転職する理由は何ですか?

  • 新卒1年目だけど、仕事が合わなくて…
  • 上司や先輩が嫌。人間関係に疲れた…
  • 高卒で入社した会社で働いているけど先が見えない…

様々な理由はあると思いますが、転職を前向きに捉えている人は少ないかもしれません。

 

きっと、

23で転職なんて、無理かもな。。。
今の仕事をこんな早く辞めるなんて、恥ずかしい…

 

と不安な人が多いと思います。

実はぼくも、同じような時期に転職を経験しているので、そんな不安な気持ちがよく分かります。

 

しかし、今だからこそ言えますが、23歳で転職することを、後ろ向きに捉える必要も恥ずかしがる必要もありません。

むしろ、ポジティブに考えてOKだと思います。

 

なぜかというと、人生初めて就職した会社にぴったりフィットすること自体が難しいことですし、社会に出てはじめて「自分の適性」「やりたいこと」に気づく人は多いからです。

  • 「この会社、なんか違うな」
  • 「この仕事で本当にいいのかな」

こんなふうに考えて別の道を模索するのは、人生対して前向きな証拠です。

 

幸い23歳は、様々な分野に転職しやすい年代でもあるので、「次は良い職場を見つけてやろう」くらいの気持ちで転職活動を進めるべきではないでしょうか。

ここからは、不安な23歳の転職を失敗しないための方法をお話ししていきますね。

23歳なら不安がらずに『第二新卒枠の求人』をどんどん狙っていこう

23歳なら不安がらずに『第二新卒枠の求人』をどんどん狙っていこう

でも、「どうして、23歳の転職はポジティブに考えてOKなの?」と思う人もいますよね。

なにも、ぼくの転職経験から適当なことを言っているわけではないんです。

 

根拠のひとつとして、23歳から25歳くらいまでは、第二新卒という括りで転職が可能だからです。

第二新卒というのは何かというと。。。

第二新卒とは、一般的に学校を卒業後、一度就職をしたが数年の内に離職し、転職活動をする若手求職者を指します。

引用元:「第二新卒とは?」マイナビジョブ20’s

分かりやすく言えば、新卒で入社した職場を3年以内程度で辞めて転職する人のことで、まさにあなたのような転職者のことですね。

第二新卒は、新卒と同等の待遇や環境で採用されるケースが多いので、チャンスが大きいと言えるんです。。

 

ここ最近は、「第二新卒者」が人気沸騰中で、マイナビが調査した「第二新卒者の採用見通し2014年版」では、62.2%の企業が積極的に第二新卒者を採用したいと答えています。

2012年の同アンケートでは、46.4%と過半数割れしていたので、大きく数字を延ばしているんですね。

 

また、年齢が若いということはキャリアの積み直しも容易なので、今どんな仕事をしているにしても方向転換がし易いこともポイントです。

  • 第二新卒求人を狙う
  • 未経験OK求人を狙う

などすれば、別分野の仕事にもチャレンジが可能ですよ。

これだけは注意!23歳の転職でやってしまいがちな失敗例

これだけは注意!23歳の転職でやってしまいがちな失敗例

ただし、23歳の転職では、注意しないと失敗してしまうポイントがあることを知っておくことが大切です。

それが、

  • 転職理由をあやふやにすること
  • 自分よがりな自己PRをすること

この2つのポイントです。

 

先ほど、「23歳は転職チャンスは大きい」と言いましたが、第二新卒(23〜25歳前後)のなかでは、順当にいけば職歴がもっとも少ない立場が23歳です。

 

少ない職歴や社会人経験は、

採用担当

またすぐに辞めちゃうんじゃない、この人。

忍耐力がない人かもしれないな…

という不安を採用担当者に与えることは避けられません。

 

そして、その不安をさらに増幅させてしまうのが、転職理由があやふやなことです。

転職理由が曖昧だと、23歳の転職活動は苦戦することになるので、失敗しやすいと言えます。

 

ですから、「どうして、23歳で転職することを選んだのか?」これだけはきちんと考えて、一本筋の通った回答を準備することがとても大切です。

 

そしてもうひとつ気をつけたいのは、

  • 私は、まだ23歳ですが、こんなにも良い成績を残してきたんですよ。
  • 自分は23歳ですが、仕事は先輩方よりもできると評判でした。

このように「私はできる人」アピールをしすぎるのは、逆効果になるケースもあります。

採用担当者や面接官にしてみれば、「23歳で職歴も1年程度でそんなアピールされても…口だけか?」と思うわけです。

 

23歳で職歴が少ない分、「なんとか自分を良く見てもらいたい」という気持ちもあるでしょうが、採用担当者や面接官が20代の若い転職者に期待しているのは、「素直な人柄」や「仕事に対する熱い思い」です。

これは、下記のデータからも分かっています。

【第二新卒の採用で重視した基準】

  1. 入社意欲の高さ 41.5%
  2. 一緒に働ける人材か 36.5%
  3. 社内と合いそうな人柄か 33.7%

引用元:「第二新卒とは?」マイナビジョブ20’s

23歳の転職を失敗させないためにも、注意してくださいね。

頼れるところは転職エージェントに頼って23歳の転職を成功させる!

頼れるところは転職エージェントに頼って23歳の転職を成功させる!

そして、ぼくの経験からおすすめしたいのは、頼れるところは転職エージェントをしっかり頼ってほしいということです。

 

転職エージェントというのは、会員になると「要望に合う求人紹介」「面接対策」「応募企業との連絡」などを無料でサポートしてくれるサービスですね。

求人サイトから応募したり、企業サイトから直接応募しようとしている人もいるかもしれませんが、転職エージェントを通したほうが、

  • ブラックに引っかかるリスクが減る
  • 応募する企業の詳細インフォが得られる
  • 薦されればかなり有利になる

こんな感じでメリットが多いです。

 

とくに、ひとりで第二新卒歓迎の求人や未経験求人を探していると、ブラック企業に当たってしまうこともありますし、書類落ちが続いたり面接で失敗してしまえば、転職活動が長引いてしまうこともあります。

 

ぼくは最初、求人サイトのみで転職活動をして苦労したので、はやくエージェントを使えばよかったと後悔しました。

もちろん、全てを丸投げするのはNGですが、転職について詳しい担当者がサポートしてくれるのは、様々な面で大きな力になります。

 

転職エージェントを賢く使って、求人探しや転職ノウハウを自分のものにすると良いですよ。

ちなみに、第二新卒転職を狙ったり20代の転職をサポートしてもらうなら、大手マイナビ系列のマイナビジョブ20’sというエージェントを使うのがおすすめです。

20代専門の転職エージェントなので、求人選びもしやすくとても便利なサービスですよ。

 

いかがでしたでしょうか?

不安な23歳の転職を失敗しないための考え方をお話ししてきました。

繰り返しになりますが、23歳は転職チャンスが多い年代でもあるので、前向きにチャレンジしていきましょう。

 

また、下記の記事でも23歳の転職を成功させるためのコツをまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選