第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

【28歳の転職】転職回数は何回までOK!?不安なときの目安

【28歳の転職】転職回数は何回までOK!?不安なときの目安
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「28歳で転職回数が多いと不利かも…」
と悩んでいませんか?

この記事では、転職回数は何回までOKか、不安なときの目安についてお話しします。

転職回数が心配!28歳で転職は何回まで許されるの!?

転職したいけど、28歳で転職2回目ってどうなんだろう…

転職回数が気になる…

経歴をこれ以上汚したくない…

でも、この会社で働いて行く気にはなれない…どうしよう…

こんなふうに転職回数が増えることを悩んでいませんか?

20代後半で転職に失敗したら…と思うと、なかなか踏ん切りがつきませんよね。

 

ここからは、28歳でどのくらいの転職回数が適正なのかについてお話ししていくので、転職する際の参考にしていただけると嬉しいです。

ざっとまとめると、

  • 転職回数は「2回目以降」がカギ
  • 28歳の転職は年齢も意識する必要がある

この2つがポイント。詳しくお伝えしていきます。

スポンサードリンク

28歳の転職では転職回数2回以降が厳しくなるかもしれない

28歳の転職では転職回数2回以降が厳しくなるかもしれない

28歳で転職を考えている人のなかには、すでに1度転職をしているケースもあれば、2〜3回目、もしくはそれ以上の転職回数になる人もいると思います。

「転職回数が多い=採否でマイナスに働く」というイメージが強いので、やはり不安になりますよね。

 

転職回数が何回までOKなのか、その目安をズバリ言えば、28歳で2回程度までが無難です。

その根拠として、以下のデータが参考になるはずです。

転職歴は何回目くらいから気になりますか?
(企業人事とキャリアアドバイザーにアンケート調査)

  1. 3回 36%
  2. 5回 18%
  3. 4回 12%
  4. 2回 8%
  5. 1回 8%

以下省略

参照データ:リクナビNEXTより一部抜粋

これは、企業の人事やキャリアアドバイザーに「転職歴は何回目くらいから気になるか?」というアンケート調査を実施した結果ですが、3回目以降が大幅にアップしていることが分かります。

 

また、20代の転職成功率を調べた別のデータによれば、

転職回数別の転職成功率

  1. 1回 95.7%
  2. 2回 44.6%
  3. 3回 14.1%
  4. 4回 4.5%

参照データ:DODAより一部抜粋

このように、2回目で半分以下、3回目となると20%にも満たない成功率に下がっています。

 

ですから、28歳の転職で、採用担当者や面接官の印象には影響が少なく、転職成功率もそこまで落ちない転職回数は、『2回目まで』と言えます。

スポンサードリンク

転職回数2回以上でも成功率が高い職種もある

じゃあ、28歳で転職回数3回以上のわたしはどうしたらいいの…!?

こんなふうに、転職回数が多い人は「転職は難しいのかも…」と思うかもしれません。

しかし、先にあげたデータは、あくまでも目安です。

 

実は、職種や会社の方針によっても、転職回数の採否への影響には大きな差が出ます。

以下のデータを参考にしてみてください。

転職回数2回以上の転職成功率(職種別)

  1. 技術系(メディカル・化学・食品) 74.6%
  2. 技術系(IT・通信) 67.8%
  3. 技術系(建築・土木) 54.0%
  4. クリエイティブ系 45.4%
  5. 企画・事務系 37.9%
  6. 営業系 37.1%
  7. 専門職系 27.9%
  8. 企画・事務系(アシスタント職) 24.2%
  9. 技術系(電気・電子・機会) 15.3%
  10. 販売・サービス系 11.8%

参照データ:DODAより一部抜粋

このように、転職成功率は職種によって大きな差が出るんですね。

 

基本的には、経験やスキルの希少性が高い職種については、転職回数が多くても成功率は高い傾向にあります。

また、人手不足の職種、業界なども、転職回数にあまり左右されないと言えます。

スポンサードリンク

転職回数を考えるなら28歳という年齢にも気を配ろう

転職回数を考えるなら28歳という年齢にも気を配ろう

転職回数を気にするのは決して悪いことではありませんが、転職を心に決めているのであれば、28歳という年齢も意識したほうが良いですね。

 

例えば、28歳で転職4度目という場合、これまでのデータから予測すると、転職は厳しいと考えられますよね。

そこで、もう少し今の会社で経験やスキルを積んで、転職のタイミングを図ろう、プランを立てるとします。

 

しかし、年齢的な視点で見れば、30代より20代のうちに転職をしたほうが、成功率は上がると言えるんですね。

転職成功者の年齢割合(2014年度)

  1. 25〜29歳 37.8%
  2. 30〜34歳 28.7%
  3. 35〜39歳 14.8%
  4. 40歳以上  12.2%
  5. 24歳以下   6.6%

参照データ:DODAより一部抜粋

転職成功者がもっとも多いのは、25歳から29歳。この時期に転職したほうが、良い求人と巡り会える可能性は高いわけです。

 

ですから、転職回数を気にしすぎて、転職タイミングを逃してしまわないように気をつけることも大切。転職回数が多くても、年齢的な優位性が高いうちに行動を起こしたほうが良いケースもありますね。

【28歳で転職回数は何回までOK!?不安なときの目安。】まとめ

いかがでしたか?28歳で転職回数は何回までOKなのか、その目安についてお話ししてきました。

  • 転職回数は「2回目以降」がカギ
  • 28歳の転職は年齢も意識する必要がある

この2つがポイントになります。

どう転職を進めていけば良いかは、以下の記事で詳しくお話ししているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選