第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

27歳の転職に迷ったときは「とりあえず情報収集」がおすすめ。

27歳の転職に迷ったときは「とりあえず情報収集」がおすすめ。の画像
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「転職を考えているけど迷う…」
27歳で進路変更するのは不安ですよね。

この記事では、
27歳の転職に不安を感じたときの対処法
についてお話ししますね。

27歳の転職に不安・迷いを感じるときは「情報収集」が大切

  • 30代を意識し始める
  • 年齢的に1人前として周囲に見られる
  • これからが働き盛り

27歳はこんな時期ですよね。

社会人生活にはすっかり慣れて、周りも見えてくるので、「今後はどうしようかな…」と将来を考える人は多いんじゃないでしょうか?

この記事を読んでいるあなたも、今後を考えた末に転職したいと思っているはずです。

 

しかし、多くの人が感じるのは、

27歳で転職って、不安…

本当にうまくいくかな…

ということではないでしょうか?

 

  • 未経験職に転職したいけど、27歳は遅い?
  • なんの資格もないけど、転職できるかな…
  • 27歳なのに転職回数が多くて心配…

こんなふうに自分のマイナス面を考えると、なかなか一歩が踏み出せないですよね。

ぼくも20代後半に転職したのですが、「ここで失敗したら、取り返しがつかないよな…」「年齢的に遅いかな!?」と、不安に思いました。

 

しかしそんなときは、頭であれこれ考えても一歩も前に進まないんですよね。

考えれば考えるほど不安は大きくなりますし、答えが出ることもありません。

 

ですからまずは、転職活動をして情報を集めることが大事なんです。

その情報をもとに、27歳の自分が転職した姿をなるべく現実的にイメージすることで、迷いは消え、転職活動はしやすくなります。

 

ここからは、

  • 27歳の転職に多い不安との向き合い方
  • 転職が不安で迷ったときに試してほしい情報収集の仕方

この2つのトピックスを中心にお話ししていくので、ひとつでも参考になれば嬉しいです。

27歳の転職に求められるのは「実力」+「ポテンシャル」

27歳の転職に求められるのは「実力」+「ポテンシャル」
  • 「資格が無いから転職できるかは不安」
  • 「自慢できる経歴やスキルがないから自信がない」

こんなふうに悩んでいる人は多いかもしれません。

 

基本的に中途採用は、

  • 「即戦力になること」
  • 「貢献できるスキルや経験を備えていること」

が大きな評価基準になるので、実力がないと判断されれば大きなマイナスになるのは確か。そして、求人にマッチする資格を持っていたり、スキルが高いと優遇されるのも事実です。

 

しかし、27歳まで仕事をしてきたなら、活かせる経歴やスキルが全くないということは考えにくいです。

自分が気づいていないだけのことが多いので、客観的にキャリアを見てもらうことで、活かせる経歴やスキルは見つかるケースがほとんどです。

自己分析に改善の余地がある可能性は高い、というわけですね。

27歳の自己分析には改善の余地があるかもしれない!?

また、「たくさん資格を持っていたり、経歴やスキルが豊富なほうが絶対に転職は有利」と思う人は多いですが、そうとも言い切れないことも頭に入れておいてください。

実は、経験やスキルが豊富かどうかよりも、企業が求めている人材像にうまくフィットできるかどうかのほうが大切なことも多いんです。

 

27歳の転職では、実力(経歴やスキル、貢献できるかなど)が求められるのはもちろんですが、「ポテンシャル(将来性・可能性)」を期待する企業も、まだまだ多いです。

つまり、多少実力不足でも将来性を買ってもらって転職できる時期と言えるんです。

 

ですから、経歴やスキル、資格がないことを悩んでいるなら、

  • 転職してどう成長していきたいか
  • 自分を採用したら将来的にどんなメリットがあるか

をきちんと語れるように準備することが大切です。

 

将来性を期待されて採用になる可能性が捨てきれない時期なので、転職活動の力の入れどころを整理してみると良いですね。

未経験職や異業種への転職は、27歳からは厳しい!?

未経験職や異業種への転職は、27歳からは厳しい!?

27歳の転職では、これまで続けてきた仕事に見切りをつけて、「未経験職や異業種に転職したい」と考える人も多いと思います。

  • ずっと働いてみたかった業界にいきたい
  • 仕事にうんざり…キャリアチェンジしたい
  • 年収が頭打ちだから思い切って異業種に

など、理由は様々だと思いますが、同時に「年齢的に27歳でリスタートは厳しいかも…」と思ってしまいますよね。

 

転職は基本的に、一貫性のあるキャリアが評価されやすいので、同業界・同職種への転職のほうがハードルは低いですし、キャリアアップや年収アップは叶いやすいです。

しかし、30代になる前の27歳だからこそ、未経験職や異業種へは転職がしやすいということは頭に入れておいたほうが良いですね。

 

30代になると、年齢的な理由で未経験職や異業種への転職はグンと難しくなる傾向にあります。

下記のデータをみても、転職成功率が下がっていることがわかりますよね。

異業種への転職割合

  • 25〜29歳 63.4%
  • 30〜34歳 54.0%

異職種への転職割合

  • 25〜29歳 36.7%
  • 30〜34歳 28.8%

参照データ:「未経験の業種・職種に転職できる可能性 DODA」より一部抜粋

これはどうしてかというと、20代のうちはポテンシャルを期待する企業が多いですが、30代になると「実力」や「マネジメント力」が求められるので、未経験職へは転職が難しくなるんですね。

つまり、27歳で転職チャンスを見送って、30代になってから転職しようと思っても、身動きがとれなくなる可能性は高いというわけです。

 

もちろん、未経験職や異業種への転職は、

  • 年収が下がるかもしれない
  • 仕事が向いているか未知数
  • キャリアがリセットされる

というリスクがあるので、慎重に考えることは大切。このあと最後にお話しする「転職に迷ったときの情報収集の仕方」も参考にしてくださいね。

転職回数は『27歳で3回以上』は黄色信号!『転職理由』がポイントに

転職回数は27歳で3回以上は黄色信号!『転職理由』がポイント

転職したいと思っても、すでに転職歴がある人は「転職回数が増えるとマイナスかも…」と不安になりますよね。

大卒で新卒入社した場合、27歳は5年程度の社会人経験ですから、複数回の転職歴があると、

  • 職歴が一貫性に欠ける
  • 定着できない人なのかも?
  • なにか問題を抱えているのかも?

こんなふうに思われる可能性はあります。

 

しかし、転職回数については、2回目まではそこまで心配する必要はありません。

採用担当者によってマイナス評価が多くなるのは3回目以降、と考えて良いと思います。

 

その理由は、下記の「採用担当者が気になる転職回数」のデータを見れば一目瞭然です。

  • 3回     36%
  • 5回     18%
  • 4回     12%
  • 2回      8%
  • 1回      8%
  • 6回      4%
  • 10回以上   3%
  • 気にならない 11%

参照データ:転職歴は何回目くらいから気になりますか?リクナビNEXT

このように、『3回目』が突出していますよね。4回目や5回目も10%を超えています。

ですから、27歳の時点で3回目以降の転職になる場合は、きちんと転職回数のフォローを練っておくことが大切です。

 

転職回数のフォローでおすすめしたいのは、「どうして転職回数が多いのか!?」の説明だけではなく、

  • 転職理由をしっかり説明する(できれば一貫性をもたせる)
  • 今後は腰を落ち着けて働きたいという結論につなげる

これらを意識してフォローを組み立てることですね。

転職回数が多くても、転職理由が納得できるものだったり、今後の意気込みが信頼できるものであれば、採用担当者も安心して採用を検討するはずですよ。

 

また、転職回数が2回目の転職活動のコツについては、以下の記事も詳しいので参考にしてくださいね。

転職に迷ったときは情報収集!転職後の27歳の自分をイメージしよう

転職に迷ったときは情報収集をして転職後の27歳の自分をイメージしよう

冒頭でもお話ししましたが、27歳の転職に不安があるなら、情報収集をして転職後を現実的にイメージするのがおすすめです。

そうすれば、自然と迷いはなくなっていきます。

 

在職しながら情報収集をすることで、

  • どんな求人に応募できそうか?
  • 転職理由を解決できるのか?
  • 希望はどの程度叶いそうか?
  • 給料や待遇はアップする?ダウンする?

この辺りはある程度見えてきます。

転職後を予測できれば、転職活動を迷いなく進めることができるので、「なにから手を付けていいんだろう…」と悩んでいるなら、まずは情報収集をしましょう。

 

でも、その情報収集って、
具体的には何をしたらいいの!?
と思いますよね。

ぼくがおすすめなのは、転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーから情報を収集することです。

 

転職エージェントは、「求人紹介してもらうサービス」と思っている人が多いかもしれませんが、使い方はそれだけじゃないんです。

転職活動の最初の段階でキャリアアドバイザーに会うことで、先ほど挙げた「希望は叶いそうか?」「給料や待遇は?」「転職理由は解決しそう?」などの情報は聞き出すことができるので、まずは転職後を予測するために使うのがおすすめなんです。

 

エージェントに登録すれば、担当のキャリアアドバイザーがカウンセリングを打診してくるので、

  • どんな求人に応募できそうか?
  • こんな希望があるけど実現できるか?
  • 年収をあげることは可能か?
  • 今後のキャリアプランはどう考えればいいか?

などを相談してみてください。

キャリアアドバイザーは、求人を出している企業と繋がっているので、上記の質問に対してかなり有力な情報をくれます。

 

出来るキャリアアドバイザーは、

この希望はハッキリ言って難しいと思いますが、こんな代替案がありますよ…

というように、新しい視点で提案してくれることもあるので、転職後のイメージはしやすくなります。

 

もちろん、キャリアアドバイザーに相談しても、転職するかしないかを決めるのは自由ですし、在職しながら進めればいいのでリスクはないのでおすすめです。

ただし、ひとつだけ気をつけてほしいのが、転職エージェントもビジネスなので、悪いキャリアアドバイザーに捕まってしまうと、情報収集の精度は落ちてしまうということですね。

 

基本的に転職エージェントは、こんなふうに企業に人材を紹介することで利益をあげています。

転職エージェントと転職者、企業との関係の画像

ですから、利益だけを追求していくと「とにかく企業に人材を紹介しよう」という方向にいくんですね。(「すぐに辞められた」など人材がマッチしないと、エージェントはペナルティを受ける仕組みもあるので、大半は3者が納得する形を目指していると思いますが、中には利益中心も。。。)

 

なので、転職エージェントは、大手の信頼できるサービスに登録しておいたほうが安心です。

大手の転職エージェントは、資金的に余裕があるので、利益だけでなく顧客満足を高めることに注力しているケースが多いです。

そのため、キャリアアドバイザーの能力や質は高いと感じるのでおすすめですね。

27歳の転職に本当におすすめできるエージェントは!?

大手サービスの中でも、マイナビが運営している「マイナビジョブ20’s」はおすすめです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

サービス名のとおり、24歳から29歳までの20代の転職者に特化したサービスで、20代専任のキャリアアドバイザーに相談できます。

他の大手エージェントとは違って、20代転職に的を絞った内容の濃いカウンセリングをしてくれるので、情報収集が捗ります。

今後のキャリアや27歳の転職で感じる不安も相談しやすいので、うまく活用してください。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっていますから、上記エリアで転職するなら必ず登録しておきたいエージェントです。

会員登録は、下記の公式サイトで1分程度で出来ますよ。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選