第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

お悩み相談「社会人2年目なのに仕事ができない…もう辞めたい。」

お悩み相談「社会人2年目なのに仕事ができない…もう辞めたい。」の画像
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「社会人2年目なのに仕事ができない…」
これはつらいと思います。

この記事では、「仕事ができずに悩んでしまったときの対処法」についてお話しします。

「社会人2年目なのに仕事ができない、辞めたい」悩み相談

社会人2年目のKさんから、こんな悩み相談をいただきました。

自分は24歳、新卒で入った会社で営業をしている社会人2年目の男です。

2年目になったというのに、いつまで経っても仕事ができないことに悩んでいます。一人前には程遠いです。

 

今日も初歩的な失敗をして、先輩に「成長してるところが見当たらない、もう少し頑張ってくれ」と呆れられました。

実際、あとに入ってきた2人の社員にも成績は抜かれているので、後輩のほうが仕事ができると思います。

自分も仕事ができないことは自覚していて、向いていないと思っています。

 

1年目は上司も先輩も大目に見てくれていましたが、社会人2年目になってからは怒られてばかりです。

仕事ができないのは自分のせいだと思いますが、元から内気な性格で、今の仕事には魅力を感じません。この先も続ける気力がありません。

 

気持ちは辞めるほうに傾いていますが、次の仕事が見つかるか不安で、最近はよく眠れないです。

どうしたらいいのでしょうか?辞めていいでしょうか?

(※相談内容は一部変更させていただいております。)

仕事ができないのは社会人2年目にとって大きなプレッシャー

仕事ができないのは社会人2年目にとって大きなプレッシャー

Kさんからいただいた悩みをまとめると、

  • 社会人2年目なのに仕事ができない
  • 先輩や上司に怒られて辛い
  • 仕事ができないのは自分のせい・向いてない
  • 辞めようと思っているが不安

このような感じですね。

 

社会人2年目になると、「もう新人ではない」という周りの期待に答える必要もありますし、後輩社員も入ってくることから、仕事ができないとプレッシャーになりますよね。

仕事ができないことで自信が無くなり、さらに悪い方向へ…という負のスパイラルに陥っているのかもしれません。

辞めたいという気持ちは強いようですが、転職先が見つかるか不安という悩みもあるようです。

では、どんな対処が考えられるでしょうか?

社会人2年目で一人前に仕事ができる人は少ない!必要以上に自分を責めない。

社会人2年目で一人前に仕事ができる人は少ない!必要以上に自分を責めない。

2年目になったというのに、いつまで経っても仕事ができないことを悩んでいます。一人前には程遠いです。

Kさんがとくに悩んでいるのは、「社会人2年目なのに一人前に仕事ができない」ということでした。

 

たしかに、「1年目よりは2年目」というように、日々成長することは大切ですが、社会人2年目で一人前に仕事が出来る人はそう多くはありません。

 

以下は、「社会人何年目から一人前に仕事ができるようになったか?」というアンケートを実施した結果ですが、

Q.自分は社会人何年目から「一人前」になったと思うか教えてください。

  1. 4年目~6年目 42.6%
  2. 10年目~12年目 16.4%
  3. 1年目~3年目 14.6%
  4. 7年目~9年目 11.6%
  5. 13年目以上 10.4%

参照データ:マイナビニュースより一部抜粋

このように、4年目〜6年目が突出して多く、1年目〜3年目は15%程度にとどまっています。

つまり、社会人2年目はまだまだ半人前として経験を積む時期なんですね。

 

職種によっては、「10年経っても日々勉強しなくていけない」「一人前になったと気を抜いたら終わり」という厳しい意見もあります。

ですから、仕事ができない自分を必要以上に責めないことも大切。アンケート結果にあるように、4年目〜6年目を目安に一人前になる道筋を考えてみるのもひとつの方法です。

社会人2年目で辞めるなら「仕事ができないのはなぜか?」をよく考えてみる

社会人2年目で辞めるなら「仕事ができないのはなぜか?」をよく考えてみる

Kさんは、以下のように仕事そのものが向いてない、魅力を感じていないということも悩んでいました。

仕事ができないのは自分のせいだと思いますが、元から内気な性格で、今の仕事には魅力を感じません。この先も続ける気力もありません。

たしかに仕事には、向き不向きがあります。そして、先が見えないことは仕事を続けるモチベーションにも大きく影響します。

 

社会人2年目で仕事の適性を判断するのは早い部分もありますが、2〜3年目は第二新卒としての転職が有利に働くケースも多いことを頭に入れておきましょう。

ちなみに第二新卒とは、学校を卒業して就職後、数年で離職(3年程度が目安)して転職活動をする求職者を指します。

第二新卒者は転職マーケットで需要が高く、キャリアチェンジやリスタートをするには最適な時期と言われています。

ですから、本当に仕事が向いていないと思うなら、思い切って第二新卒枠に転職してみるのもありですね。

 

ただし、転職するにしても、

  • 仕事ができないのはなぜか?
  • それに対する改善策はあるか?

これらをよく考えるようにしてください。

例えば、Kさんは営業職なので、「どうして営業成績が上がらないのか」「なぜ営業でミスをしてしまうのか」を考えてみると良いですね。

 

  • 営業成績をあげるための改善策を探る
  • ミスを減らすための習慣を取り入れる

など、今後につながるマインドを持つことが大切です。

「仕事が向いていない」という理由だけで辞めてしまうと、成長ができず、転職先でも苦労することになります。

転職後も仕事を通して自分を高める必要があることに変わりはないので、「なぜ仕事ができないのか?改善策は?」と成長を意識しておくのがポイントです。

まずは情報を集めることが大切。社会人2年目の転職を成功させるコツ

まずは情報を集めることが大切。社会人2年目の転職を成功させるコツ

気持ちは辞めるほうに傾いていますが、次の仕事が見つかるか不安で、最近はよく眠れないです。

どうしたらいいのでしょうか?辞めていいでしょうか?

Kさんは、辞めることを考えているようですが、仕事が見つかるか大きな不安を持っていました。

 

これに関する対策としては、まずは在職中に転職活動をしてみることです。

具体的には、転職エージェントを使ってキャリアアドバイザーに転職情報を聞き出してみるのがおすすめです。

 

エージェントを使うと、

  • 要望や経験・スキルに見合う求人を紹介してもらえる
  • 転職したい企業、業界等の細かい情報を教えてもらえる
  • 給料や待遇が上がるか下がるかを予測してもらえる

ので、次の仕事が見つかるかどうか、希望をかなえられるかを在職中に予測することができます。

 

いきなり辞めてしまうと、社会人2年目でいくら若くても、長いブランクを作ったり、仕事が決まらずフリーターに…、というケースになり兼ねません。

ですから、まずはエージェントに相談をして、転職プランをきちんと立てるようにしましょう。

 

ちなみに、社会人2年目の転職活動におすすめしたいのは、大手マイナビ系列の「マイナビジョブ20’s」というエージェントです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳〜29歳までの20代転職を専門にしているサービスなので、社会人経験が少なくても応募できる求人が多く、相談しやすいです。

初めての転職でわからないことも多いと思いますが、マイナビジョブ20’sの担当者は「なんでも聞いてください」というスタンスなので、他に比べて安心です。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっていますから、上記のエリアで転職するなら登録して相談してみてください。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

 

Hiro

いかがでしたか?

今回は、Kさんの悩みをピックアップして対策をお話ししてきました。

同じように、社会人2年目で「仕事ができない…辞めたい…」と悩んでいたら、参考にしていただけたら嬉しいです。

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選