第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

「接客が向いてない…もう嫌」と思ったら20代のうちに転職を。

「接客が向いてない…もう嫌」と思ったら20代のうちに転職を。の画像
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「接客が向いていないと思う…辞めたい…」
と悩んでいませんか?

この記事では、
「20代で接客の仕事に適性が無いと感じたときの対処法」
についてお話ししています。

「接客は向いてないのかも…」転職を考えているあなたへ

  • お客様とうまくコミュニケーションがとれない…
  • クレームを受けることが多いし、ノルマも未達が多い…
  • 接客するのがストレス…笑顔を作るのがしんどい…

こんなふうに、「自分は接客の仕事に向いてない」と悩んでいませんか?

 

人と接するのが好き、というのならまだしも、「新卒入社した会社で、たまたま接客をやることになった」「転職先は接客が主な仕事だった」など、接客を望んだわけではない場合、接客にストレスを感じる人は多いかもしれません。

 

「接客」という仕事は、実はかなりの経験やスキルが要求されます。

仕事上のトラブルの大半は、人間関係に起因することが多いですし、接客ひとつで受け手の会社イメージや評価はガラリと変わることもあります。

 

あなたも経験があると思いますが、なにか買い物をするとき、店員さんの接客が良かったという理由でそのお店で商品を買ってしまったことがあるのではないでしょうか。

同じ商品を買ったり、同じサービスを受けるにしても、”誰からそれを買うか・受けるか”で印象が180度印象が変わる例です。

 

そういう意味でも、商品やサービスとお客様をつなぐ「接客」は、奥が深く難しい仕事なんですね。

というわけでここからは、「接客が向いていない…もう嫌…」と転職を考えた場合、どんな対処をしたらいいかお話ししていきますね。

20代のうちは経験・スキル不足の場合も!だけど接客業は向き不向きがはっきりしている。

先にお話ししたように、接客は奥が深く、経験やスキルが求められる仕事です。

それと同時に、向き不向きなど、わりと適正がハッキリしている仕事でもあります。

 

もちろん、20代のうちは、接客の経験やスキルが身についていないために「向いてないのかも…」と思ってしまうことはありますが、

  • もともと人と接するのが好き
  • 相手の気持ちを読むことがうまい
  • 周りを気遣える能力がある
  • 細かいことまで気配りができる

などの資質があると、接客業に向いていると言えます。

 

逆に、「そもそも人と接することが苦手」「周りがよく見えない」という場合は、接客を仕事にすると苦労が多いと言えます。

 

このあたりは、営業など他の職種も同じで、適正があると順応が早く成績が伸びやすいですが、

適正がないと順応しにくく成績も伸びないので、モチベーションが低下、負のスパイラルに陥ってしまうケースが多いですね。

 

ですからまずは、自分は”接客”に対してどの程度適正があるのかを冷静に見極めることが大切です。

 

以下の項目でイエスが多ければ「接客業に向いている」と言えますが、少なければ接客以外の仕事で活躍できる資質があるのかもしれません。チェックしてみてください。

  • 初対面の人と話すことに抵抗がない
  • ミスやクレームを受けても気持ちを切り替えられる
  • 自社の製品やサービスが好き(関心をもてる)
  • 相手の気持ちを考えることが苦にならない

接客が向いてないからと転職をするなら「20代」を意識して動き出そう

やっぱり、自分は接客が向いていないと思う…

転職したいけど、どうしたらいいんだろう…

こう思った人が頭に入れておいてほしいのが、20代のうちであれば、接客以外の仕事にもチャレンジしやすい、ということです。

 

単純には比較できない部分はありますが、「自分には向いてない…」と思いながら、なんとか5年がんばって出せる成果と、

「自分に向いている」と、やりがいを感じ5年がんばって出せる成果には、大きな差が生まれます。

 

また、キャリアプランを考えたとき、30代になった時点で、「やっぱり接客は向いていなかった…別の仕事がしたい」となったら、そこから別の仕事をして巻き返すのはかなり難しいとも言えます。

 

ですから、接客が向いていないと考えているなら、20代の今のうちにキャリアチェンジを考えてみる、というのはとても大切なことですね。

「接客が向いていないから転職」が不安なときこそ、転職活動をスタートさせる

接客以外の仕事にチャレンジしたいとは思うけど、

転職もなかなか決心がつかない…

こんなふうに悩む人も多いはずです。

 

そこでおすすめしたいのは、まずは転職活動をスタートさせてみることです。

 

転職活動と言っても、現職をいきなり辞めるのではなく、情報収集をはじめることが肝心です。

「接客が向いてない」と悩んで転職を考える人の大半は、

  • 自分にはどんな仕事が向いているんだろう?
  • そもそも転職できるのかな?
  • 給料が下がったら・待遇が悪くなったらどうしよう…

こんな不安を抱えているはずですから、きちんと情報収集をして、ある程度は先を予測することが大切です。

まずは転職活動をスタートさせて、今後の展開をプランニングしてみると良いですよ。

情報収集は転職エージェントを使って効率よく深い情報を掴む

情報収集には、転職エージェントを使うと良いですね。

自分ひとりでも求人情報は収集できますし、自己分析も可能ですが、エージェントのキャリアアドバイザーに相談したほうが、

  • 適正のある受かりやすい求人を集めてもらえる
  • 給料や待遇が維持できるか、アップは可能かなどを客観的に教えてもらえる
  • 転職タイミングや今後のキャリアプランをアドバイスしてもらえる

など、プラスになることが多いです。

 

転職は、ハッキリ言えば「タイミング次第」という部分があるので、転職市場の動向を把握しているキャリアアドバイザーをうまく活用しましょう。

 

ぼくがおすすめできるエージェントとしてお伝えしておきたいのは、大手マイナビが運営している「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

名前のとおり「20代の転職専門」のエージェントなので、

  • 20代に特化した求人が多くマッチした求人を探しやすい
  • キャリアアドバイザーが20代専属で相談しやすい
  • 20代転職のノウハウが豊富で安心

こんなメリットのあるサービスです。

 

転職エージェントをはじめて利用する場合も使いやすいと思いますし、マイナビだけの求人も多いのでおすすめです。

対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、対象であれば積極的に活用してください。

下記公式サイトで会員登録をすると、担当者から連絡がくるので相談してみてください。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選