第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

狙い所はどの業界?第二新卒で受かりやすい仕事ってある!?

狙い所はどの業界?第二新卒で受かりやすい仕事ってある!?
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです!

転職するときは、少しでも受かりやすい仕事がないか気になりますよね。

この記事では、第二新卒者の狙い所はどこなのか、受かりやすい仕事はなにかをお話ししていきます。

参考になれば嬉しいです!

知っていればプラス!第二新卒で受かりやすい仕事

第二新卒転職を考えているけど、
うまくいくか心配。。。

受かりやすい仕事に転職できないかな!?

新卒入社した会社に不満があったり、「どうしても自分には今の仕事が向いていない!」という人は、第二新卒転職を考える人もいるはずです。

 

しかし、社会人経験が少ないので、

  • 「転職に自信がない」
  • 「決まらなかったらどうしよう」

と不安を抱えてしまうことが多いのではないでしょうか。

 

この記事では、そんなあなたのために、

  • どんな求人や業界が「受かりやすい」と言えるのか
  • 第二新卒転職ならではの気をつけたいポイント

をまとめてお話ししていこうと思います。

第二新卒転職を成功させるためには、知っておくと必ずプラスになるので、ぜひ参考にしてくださいね。

第二新卒転職で受かりやすいのは「人気のない業界や企業」

第二新卒転職で受かりやすいのは「人気のない業界や企業」

まず最初に、第二新卒転職で受かりやすいと言える業界や企業をお伝えしておこうと思います。

ズバリ言えば「新卒就職活動で人気の無い業界・企業」、そしてとくに、中小企業の求人が第二新卒転職で受かりやすいです。

 

これはどうしてかというと、、、

近年、第二新卒者を求める企業は増加傾向にありますが、その理由は「新卒採用で十分な人材を確保できなかった企業が、第二新卒者の獲得に力を注いでいるため」と言われています。

つまり、新卒採用で人気が無く、人が集まらない企業が、人材確保のために「第二新卒枠」の採用を広げているというわけです。

 

そのため、第二新卒転職で受かりやすいのは、新卒の就活では人気のない業界・企業の求人になってくるというわけです。

 

中小企業の第二新卒求人が多いのも理由は同じです。

大手企業は、新卒者に人気があり、中小企業よりも採用に予算を割けますが、中小企業は大手ほどは人気がなく、良い新卒者を獲得しにくい状況が生まれるからです。

 

あなたも、新卒で就職活動をしたときに、「これだけは避けたいな」「ちょっと遠慮したいな」と思った業界や仕事があるのではないでしょうか?

実は、そういう業界や企業が、第二新卒転職でニーズがあり受かりやすい求人と言えるのです。

第二新卒転職で受かりやすい業種や職種とは!?

第二新卒転職で受かりやすい業種や職種とは!?

では、具体的にどんな業種が受かりやすいと言えるかというと、

  • 小売
  • 外食
  • 運送

などが挙げられますね。

どれも、一般的に「仕事自体が大変」「職場環境が悪い」「ブラック企業が多い」などのイメージが先行しやすい業種と言えるかもしれません。

 

また、職種としては「営業」「サービス職」「介護職」などが挙げられます。これも業種と同じく、「仕事が厳しく大変」というイメージが強く、新卒の就活で人気がない仕事と言えます。

 

ただ、こうやって第二新卒転職で受かりやすい業界や企業が「人気がない企業」と言われると、

それってつまり、、、
大変な仕事やブラック企業に転職しなきゃダメってこと!?

と思ってしまうかもしれません。。。

 

しかし、必ずしも「人気がない企業」=「仕事が厳しく大変・ブラック」というわけではないことも知っておいて下さい。

 

新卒の就職時を振り返れば分かると思いますが、業界や企業の人気・不人気は、仕事内容以前にイメージが先行しやすいです。

その業界や企業のイメージが地味なために、不人気だったり、仕事自体の魅力を伝えきれないために、人が集まりにくい業界や企業が実はたくさんあります。

 

そういう業界や企業の求人は、第二新卒者でも待遇が良かったり、給与が高かったり『狙い目で受かりやすい』と言えるので、求人を探すときは、このような視点も持っておくと良いですよ。

第二新卒転職では受かりやすい仕事ばかりを考えていてもマイナス!?

第二新卒転職では受かりやすい仕事ばかりを考えていてもマイナス!?

ただし、第二新卒転職で「受かりやすい仕事や企業」を探すことが、必ずしもいい転職に結びつくとも限らないことは頭に入れておいたほうがいいですね。

 

転職することだけにファーカスすれば、内定が出やすく受かりやすい企業にアプローチすることは何よりも大切です。

しかし転職の成功は、転職後の働きやすさや満足度、長く続けられるかどうか、にあります。

 

とくに第二新卒転職は、「失敗したらまたすぐ転職」というのは基本的にはNGです。

すぐに仕事を辞めることは大きなマイナスに繋がるので、自分に合った職場や仕事を選ぶことを第一に考えて、一定のキャリアをしっかり積める仕事選びをしたほうが後悔しなくて済むと思います。

 

また、「受かりやすい仕事」を探すことがメインになってしまうと、「給与」「待遇」などの仕事を続ける上で大事なポイントを妥協しやすくなってしまいます。

いくら第二新卒転職でも、給与ダウンや待遇が悪くなるのは、思っている以上に大変なことです。

 

できるだけ、給与や待遇面を今よりも落とさないように、現状維持かそれ以上を目指す努力をすることだけは忘れないようにしてくださいね。

第二新卒転職で受かりやすい仕事を探すなら転職支援サービスを活用する

第二新卒転職で受かりやすい仕事をさがすなら転職支援サービスを活用する

第二新卒転職で受かりやすい仕事を探すには、
転職支援サービスに登録して、キャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

 

転職支援サービスというのは、普通の求人サイトとは違い、
キャリアアドバイザーという担当者が、

  • 無料で希望や経験・スキルに合った仕事を探してくれる
  • 面接や応募書類のアドバイスをしてくれる
  • 応募企業とのやり取りを代行してくれる

サービスのことです。

 

とくに、第二新卒転職を専門にしている転職支援サービスなら、第二新卒枠の求人の中から、あなたの希望や経験、スキルに見合ったものを探し出してくれますし、給与や待遇面でマイナスにならないような仕事選びをサポートしてくれます。

 

自分で仕事選びをするのは限界がありますが、第二新卒転職を専門にしているキャリアアドバイザーに相談すれば、受かりやすい仕事が見つけやすく、自分に合った職場へと転職できる可能性が高まるというわけです。

 

第二新卒転職に自信がないのであれば、なおさらキャリアアドバイザーの助けは力になるので、しっかり活用して有利に転職活動を進めましょうね。

第二新卒の転職におすすめの転職支援サービスは?

ちなみに、おすすめできる第二新卒転職に強い転職支援サービスは、「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

マイナビが運営している20代転職専門の転職支援サービスなので、第二新卒者にとても優しいサービスです。

転職活動の準備から内定を取るまで、親切丁寧にアドバイスしてくれるので安心です。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっていますから、上記のエリアで転職するなら必ず登録しておきたいエージェントです。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選