第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

どうして受からない!?第二新卒転職に苦戦したときにチェックすべきこと

どうして受からない!?第二新卒転職に苦戦したときにチェックすべきことの画像
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「転職活動、どうして受からないんだろう…」
と悩んでいませんか?

この記事では、第二新卒の転職で苦戦したときにチェックしてほしいことをお話しします。

受からないときこそ落ち着いて第二新卒転職の戦略を立て直すことが大切

第二新卒として転職活動をしてるけど、全然受からない。

どうしたらいいんだろう、、、

受からないのはどうして!?

第二新卒って厳しいのかな、、、

こんなふうに悩んではいませんか?

第二新卒で転職しようと決めたはいいけれど受からない、これは焦りますよね。

 

管理人のわたしも20代で転職をしましたが、なかなか採用されずに似たような思いをしました。。。

そんな経験から言えることは、受からないときこそ一度落ち着いて戦略を立て直すことが大切。

とくに次の3つのポイントを見直したほうが良いです。

  • 転職理由
  • 第二新卒に求められていること
  • 客観的な評価

20代の転職でなかなか受からないときチェックすべきことをわかりやすくお話ししていくので、今後の転職活動の参考にしてもらえたら嬉しいです。

「第二新卒で転職する理由」はきちんと説明できてる!?受からない伝え方をしているかも

転職活動が受からないときにまずチェックしてほしいのが、「なにかマイナス評価をされていそうなポイントはないか」ということです。

 

面接時の表情から言葉遣い、マナーなどの基本的なことから、自己PRの内容や質問に対する回答のしかたなど、チェックしたいポイントはたくさんありますが、

とくに第二新卒として転職する場合は、

  • どうして前職を辞めたのか(現職を辞めるのか)
  • 転職してどうしたいのか

などの転職理由が、好印象に伝わっているかどうかは必ずチェックしてください。

 

基本的に第二新卒者は、前職を短期間で辞めることになりますよね。

そのため、採用する側としては、転職理由や職場に定着できそうな人材かが余計に気になります。

 

例えば、転職理由を

前職は残業が多く体力的にも厳しく転職を決意しました。

やりたい仕事ができなかったのも転職を考えた理由です。

と説明したらどうでしょう。

 

転職理由が曖昧だったり、あまりにも自分勝手だと、

面接官

この人はまたすぐに辞めるんじゃないか、、、

第二新卒とはいえ採用するのは厳しいな

と面接官や採用担当者に思われてしまいます。

 

ですから、仮に仕事がつらかったり、仕事内容が不満で転職するにしても、

  • 自分の決断や考えが甘かったという「反省」
  • その経験からなにを得たか「学び」
  • 転職後はどういう姿勢で活躍したいか「決意」

この3つをきちんと伝えることが大切です。第二新卒の転職理由はしっかりチェックしておきましょう。

受からないなら「企業は第二新卒者に何を求めているか」を理解することが大切

続いてチェックすべきなのは、「採用を考えている企業は第二新卒の転職者に何を求めているか」ということです。

 

これを理解して転職活動を進めないと、採用する側と噛み合わずに受からない結果が続いてしまうかもしれません。

ところで、なかなか転職活動がうまくいかないと、

自分にはスキルや経験がない、、、

アピールポイントが足りないから採用されないのかも

と考える人は多いと思います。

 

しかし実は、企業が第二新卒者に対して求めるのは

  • やる気や熱意
  • 将来性
  • 人間的な魅力

などの基本的なポイントなんです。

 

マイナビが採用担当者へ調査した以下のデータでも、

第二新卒の採用で重視した基準(複数回答)

  1. 入社意欲の高さ 41.5%
  2. 一緒に働ける人材か 36.5%
  3. 社内と合いそうな人柄か 33.7%
  4. 志望動機 24.0%
  5. 実行力 16.3%
  6. 仕事に対する理解度 15.3%

出典:マイナビ転職中途採用状況調査2014年10月調べ

このように、第二新卒者に対しては、入社する意欲や会社に合う人柄かどうかを重視していることがわかりますよね。

 

もちろん、なかにはスキルや経験不足が理由で受からないケースもあります。

しかし、やる気や熱意が伝わっていなかったり、社内の人間と合わないと判断されて落とされている可能性も高いわけです。

 

第二新卒者は、スキルや経験よりもやる気や人間性、ポテンシャルなどの基本的なポイントが高く評価されるので、これらをきちんと伝えられているかはチェックしてみてください。

応募書類や面接対策を見直す必要が出て来るかもしれませんよ。

受からない理由が見えないときは客観的な評価を得て第二新卒転職を進めることが大切

最後に考えたいのは、客観的に自分の転職活動を評価したほうが良いということです。

 

ここまでお話ししたように、

  • 転職理由
  • 求められるポイント

をチェックすることは大切です。

 

しかし、なかなか受からない”個人個人の本当の理由”は、いくら自分ひとりで分析をしてもなかなか見えてこなかったりします。

”灯台下暗し”という言葉のとおり、自分のことだからこそ、転職活動でマイナスになっているポイントを見落としていたりするんですよね。

 

ですから、転職活動が受からないときは、客観的に会社選びや書類、面接の自己PRなどを見直してもったほうが良いです。

 

求人検索ができる転職サイトを使っている人は多いと思いますが、それよりは、担当者が付いてサポートをしてもらえる”エージェント系のサービス”をうまく使いましょう。

有名なサービスでは、マイナビエージェントやリクルートエージェントなどが挙げられますね。

 

わたしが転職活動をしたときも、エージェントから自分に足りない部分をアドバイスしてもらったことで、希望に合う企業に転職をすることができました。

転職活動に行き詰ったときのエージェントのアドバイスや仕事紹介は、大きな力になります。

エージェントサービスにしかない求人も多数あるので、転職の可能性を広げる意味でもしっかり活用しましょう。

第二新卒の転職に特化したエージェントサービスを使おう

もしもエージェントサービスを使うなら、20代や第二新卒の転職に特化した「マイナビジョブ20’s」というサービスを使ってみてください。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

名前のとおり、マイナビが運営している20代専門のエージェントなので、サポートが丁寧で良質な求人が集まっているのでおすすめです。

第二新卒の転職を成功させるコツも聞けるので、下記のサポート対象地域で転職するなら一押しです。

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀
このエリアで転職するなら登録しておくと良いですね。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選