第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

第二新卒でアパレルに転職するなら考えておきたい2つのこと

第二新卒でアパレルに転職するなら考えておきたい2つのこと
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです!

アパレルを目指す人は、
「好きなことを仕事にしたい」という前向きな人が多いのではないでしょうか?

この記事では、「アパレル業界に転職するときに知っておくとプラスになること」をお話しします。

少しでも参考になれば嬉しいです!

アパレル業界に第二新卒転職するなら大切にしたいこと

第二新卒だけど、
これからアパレル業界に転職できるのかな!?

どんなことに注意して転職活動をしたらいいの!?

第二新卒で転職を考えている人の中には、

  • 「やっぱりアパレルの仕事の夢を諦められない」
  • 「もともと興味があったファッション業界で働きたい」

という気持ちで、キャリアチェンジを目指す人もいると思います。

 

しかし、アパレル以外の業界から、まったくスキルやコネがない状態でキャリアチェンジを目指すのは、なかなかハードルが高いものです。

そんな時には、

  • アパレルでどんな仕事に就きたいか
  • 自分の経験をアパレルで活かせないか

を考えて転職活動を進めることが大切になってきます。

詳しくお話していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

アパレルに第二新卒転職するなら”どんな仕事に就きたいか”を考える

アパレルで働くというと、なんとなく「ショップ店員」「販売スタッフ」というイメージが強いですよね。

実際、「販売スタッフとして活躍したい、お店に立ちたい」という人も多いとは思いますが、実はいろいろな仕事があるのがアパレル業界でもあります。

  • ショップスタッフ
  • 店長
  • 営業
  • 事務
  • デザイナー
  • パタンなー
  • 在庫管理
  • バイヤー
  • プレス
  • スーパーバイザー
  • MD
  • VMD など。。。

それぞれの仕事内容は割愛しますが、業界の中でスキルアップやキャリアチェンジをしていくことで、様々な仕事を経験することができるのがアパレルの魅力でもあります。

 

まずは、自分がどんな仕事をしたいのか、アパレルでキャリアを積んでどんな仕事を目指したいのかをよく考えておくことはとても大切なことです。

 

それをしないで安易に転職してしまうと、理想と現実のギャップに苦しめられることもありますし、辛いことがあったときに乗り切ることができなくなってしまいます。

転職自体も他業種への転職は難しい面があるので、アパレルでどんな仕事に就きたいかを将来も含めて、しっかりシミュレートして転職活動に臨むことをおすすめしたいです。

 

また現実的な話になると、スキルを持っていない状態でアパレルの中途採用を目指すとなると、「アルバイトとして入社して、正社員に登用される」という流れが、もっとも業界へと入りやすい方法になります。

第二新卒者の中には、「一度会社を辞めてアルバイトから頑張ろう」と考える人もいるかもしれません。

 

しかし、ここで気をつけておきたいのが、アルバイトからの正社員登用は「狭き門」だという場合が多いということです。

さらに、アパレル業界で多い離職理由は、

  • 賃金の安さ
  • キャリアアップの機会がない
  • 雇用条件がよくない

ことだと言われているので、アルバイト社員はとくに、これらを感じやすい環境に置かれてしまうことが問題です。

 

せっかく第二新卒でアパレル業界を目指しても、給与や雇用条件に不満があり、キャリアを積んでいけなければ、結局は途中で別の道に転職せざる得ない状況になってしまいます。

ですから、最初から正社員や契約社員雇用を目指して、アパレルでのキャリアプランをしっかり考えた上でチャレンジすることがとても大切です。

第二新卒者ならではの経験を活かしてアパレル業界へ転職する

アパレルの正社員中途採用は、「エリアマネージャー」「ストアマネージャー」などの経験者を求めることが多かったり、数年の販売経験を求めることが多いです。

しかも、人気ブランドをかかえていたり安定した業績を維持しているアパレル企業は、新卒入社も中途採用も人気があり、全く別の業界から転職となると、経験やコネがないと転職は難しくなります。

 

つまり、第二新卒でアパレルを目指すのであれば、多少の工夫は必要になってくるというわけです。

 

そこで、考えておくとプラスになるのが、「アパレルの職種によっては、これまで積んだ経験やスキルを活かして転職することができる」ということです。

 

例えば、アパレルの「営業」や「事務」、「生産管理」などは、他業種の同じ経験があれば、活かせる可能性が高い職種になります。

「アパレルで働くなら絶対に販売」というように決めつけるのではなく、自分のスキルを活かせる仕事でアパレルに入ることを視野にいれておくと、求人探しの幅がグンと広がるのでおすすめです。

第二新卒でアパレル業界に転職するならキャリアアドバイザーに相談してみる

また、アパレル企業に第二新卒転職するなら、企業のホームページや求人サイトの情報だけを頼りに転職活動をするのではなく、アパレル専門の転職支援サービスを有効に活用していきましょう。

そうすれば、第二新卒者としての価値やこれまでの経験を活かしながら、アパレル業界にデビューできるチャンスが広がります。

 

転職を成功させるために大切なのは、

  • 転職先アパレル企業の情報をどれだけ深く収集できるか
    (面接時や入社後のギャップを招かないため)
  • 自分に合ったアパレル企業にアプローチできるか
    (内定率を高めるために必要なこと)

この2つに懸かっています。

 

いずれも自分一人ではなかなか難しいことなので、転職支援サービスを使って、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

 

そうすれば、あなたの希望や経験に沿ったアパレル求人を探してくれますし、求人企業の情報をかなり深いところまで教えてもらうことができます。

「店舗の雰囲気」「上司の人柄」「給与体系」「面接で聞かれること」など、、、どれも知っておいて損のないことです。

第二新卒でアパレルへの転職を考えた時点で、一度相談しておくといいですよ。

 

ちなみに、アパレル専門の転職支援サービスでおすすめなのは、「ファッショーネ」というサービスです。

アパレルの転職支援サービス「ファッショーネ」

アパレル業界に特化しているので求人数がとても多いですし、一般には出回っていない有名アパレル企業の求人もここにはあったりします。

一定の職務経験などの基準を満たさない転職者は相手にしない、というサービスも多いですが、ファッショーネはしっかり対応してくれますし、キャリアアドバイザーも丁寧で好印象です。

公式サイト:ファッショーネ

 

第二新卒でアパレルに転職するなら、ファッショーネのようなアパレル専門の転職支援サービスの力をかりて、

  • 自分の経験やスキルを活かせる求人
  • 転職先アパレル企業の情報

をできるだけ多く集めることに力を注いで転職活動を進めていきましょう。

そうすれば、アパレル企業にもっとも良い形で第二新卒転職できるはずです。
ぜひ、参考にしていただけると嬉しいです。

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選