第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

転職エージェントの【仕組み】を理解して第二新卒転職に上手く活用しよう!

転職エージェントの【仕組み】を理解して第二新卒転職に上手く活用しよう!
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

転職エージェントって、どんな仕組みなの!?
と疑問を持つ人も多いはずです。

この記事では、
転職エージェントの仕組みと上手な活用方法
をお伝えします。

少しでも参考になれば嬉しいです!

 

転職エージェントを利用してみたい!でも、人材紹介の仕組みがよくわからない。。。ちょっと不安。。。そんな悩みはありませんか?

たしかに、転職エージェントを利用するなら「人材紹介というビジネス・業界」について、ある程度の知識を持っておいたほうが賢明です。

 

なぜなら、第二新卒のみなさんは「転職が始めて」「転職エージェントの利用が始めて」の人が多いですよね。その仕組みを理解していたほうが、断然、転職エージェントと上手く付き合うことができます。

 

転職エージェントの仕組みと言っても、とくに難しいことはありません。

  • 人材業界はどんなもの?
  • 人材紹介のビジネスモデルは?

これを知ることで、どう転職エージェントと付き合えばプラスになるかが見えてきます。

 

この記事では、そのあたりをわかりやすくまとめています。
転職活動を有利に効率的に行うために、転職エージェントというビジネスを知っておきましょうね。

スポンサードリンク

転職エージェントを知るには人材ビジネスの形態を知ろう!

転職エージェントを知るには人材ビジネスの形態を知ろう!

まずは、「人材ビジネス」という業界について知りましょう。

あなたがよく見かける「人材ビジネス」の形態は、大まかに5つに分類されているってご存知ですか?

 

「転職エージェント」「派遣会社」「求人サイト・転職サイト」。。。等、インターネット広告やTVのCM、電車の広告などでよく見かけますよね。一見すると同じように見えますが、意味はそれぞれ違ってきます。

人材紹介

このサイトでもおすすめしている「転職エージェント」は、人材紹介業のカテゴリーに入ります。人材紹介業は、登録された求職者と求人を依頼された企業をマッチングさせる形式です。

人材派遣

人材派遣業は、自社で労働者を雇用し、人材を求める企業に対して期間を決めてその労働者を派遣する形式です。

労働者は企業ではなく、派遣会社に雇用されているところがポイントです。

求人媒体

求人サイト・転職サイトといったウェブサービスは、企業の求人広告を掲載することで利益を生み出す形式です。

人材紹介とは違い、あくまでも広告を掲載するだけなので、求職者は企業と直接やりとりしなくてはいけません。

ハローワーク

ご存知の通り、国が直接運営している機関で、人材紹介業と同じような形式です。
求人の掲載、紹介料なども無料のため、どんな企業でも利用が可能な分、良い求人を見つけ出すことが難しい側面もあります。

失業者のセーフティーネットという位置づけのため、転職をする場合の利用は優先順位としては下になるでしょう。

 

同じ転職関連のサイトであっても、このサイトでおすすめしている「転職エージェント(人材紹介会社)」なのか、それとも別の形態の会社なのか、見分けられるようにしておきましょう。

 

転職エージェントであれば、会社の名前やウェブサイトのサービス内容に「エージェント」「人材紹介」といったワードが含まれています。

スポンサードリンク

転職エージェントの仕組み「企業」「転職者」「エージェント」の関係

転職エージェントの仕組み「企業」「転職者」「エージェント」の関係

では、転職エージェントに登録すると、どんなサポートを受けられるのでしょうか。

  • 転職の悩み・不安の相談に乗ってもらえる
  • 自分に適した求人を紹介してもらえる
  • 応募書類の添削・アドバイスをしてもらえる
  • 面接のセッティング・アドバイスをしてもらえる
  • 企業との交渉(給与面や入社日など)で間に入ってもらえる
  • 入社までのサポートをしてもらえる

これらをすべて、無料で行ってくれます。(一般的な転職エージェントの場合です。)

転職者側で料金がかかることはありません。でも「それは何故だろう?」と疑問を持たれる方も多いのではないでしょうか。

 

それはなぜかというと、人材紹介業は

「求人企業に人材を紹介して採用されたら、企業から紹介料という形の報酬を得る」

というビジネスモデルで成り立っているからです。

 

転職エージェントは、あなたが転職した企業から報酬を受取るので、あなたはお金を払う必要がないのです。

 

勘の良い人はお気づきかもしれませんが、このビジネスモデルから見えてくるのは、転職エージェントにとってのお客様は、あくまで求人企業だということです。

サービスを受ける転職者は、表面上はお客様のようですが、実際は「求人企業」と「転職エージェント」の間でビジネスが行われているんです。

 

転職エージェントは、必ずお客様である求人企業の「希望や条件に沿った人材」を探すことが求められます。

仮に求人案件が豊富にあっても、転職者がそれらの求人案件に合致していないと、採用の見込みが薄いと判断されます。つまり、求人紹介はできません。

 

もちろん、実際はあなたの希望を加味しながら求人紹介をしてくれますし、あなたの強みや良いところを引き出して求人企業に推薦をしてくれます。

しかし、転職エージェントとしては「転職者が条件に合致していて、採用されそうな求人を紹介する」ということが基本だと覚えておきましょうね。

スポンサードリンク

転職者・転職エージェント・企業がそれぞれ満足する転職のために!

転職者・転職エージェント・企業がそれぞれ満足する転職のために!

でも、転職エージェントのお客様は「求人企業」だし、本当に満足のいくサービスが受けられるの?都合のいい求人ばかり紹介されるのでは?という方もいるはずです。

 

しかし、人材紹介業界では、転職者が早期に離職をした場合に、転職エージェントが求人企業にペナルティとして「一部報酬の返金」「無料で代わりの人材を紹介しなくてはならない」などの決まりがあります。

転職エージェントとしての信頼を落としてしまっては、ビジネス上の大きな損失になります。そのため、無理やりの求人紹介や適当な推薦ができにくい仕組みになっています。

 

人材紹介ビジネスの目指すところは「転職者」「転職エージェント」「企業」の3者が、それぞれが満足して転職を成功させることです。

 

転職者にとっては、転職エージェントに求人紹介をしてもらうメリットは

  • 効率的に転職活動ができる
  • 企業とのミスマッチ(合わない)が防げる

ということもあります。

何がなんでも採用試験を受けてみたいと思う企業を除いては、受かる可能性の低い求人にひたすら応募することは、非効率で時間の無駄です。

働きながらの転職活動は、時間との勝負という面があります。
なおさら「効率的」に進めることが大切なのです。

 

転職エージェントは「求人企業の採否ライン」を知っています。
その上で、転職者が求人に合っているかをチェックしているので、転職エージェントにゴーサインをもらえたものは「採用される見込みが高い」のです。

また、同じ理由で「応募企業の仕事にどうしても合わない」など、転職してからのミスマッチを回避することにも、転職エージェントの利用は一役買っていると言えます。

スポンサードリンク

転職エージェントは第二新卒転職に力を入れているサービスを選ぶ!

いかがでしたか?転職エージェントのビジネスを知ることで、いろいろなことが見えてきますよね。

一見すると、転職エージェントは採用されそうな求人を紹介するだけのサービスに映るかもしれませんが、それは少し違います。

 

いくら自分の希望があっても、「企業がほしい能力」や「企業が求める人物像」を有していなければ、なかなか採用はされませんよね。仮にその希望が叶ってもミスマッチになり、また転職を繰り返すことになるなんてことも。。。

 

そのため、転職エージェントを利用して見えてくる「自分の市場価値」をしっかり理解して受け止めて転職活動をしていきましょう。そうすれば、あなたにとって満足できる転職を勝ち取ることができますよ。

 

また、転職エージェントを利用するときは、第二新卒転職に力を入れているサービスを選ぶことが大切です。

そうしないと、転職エージェントが持っている求人案件と合致しない場合が多く、サポートが受けられないこともあります。

第二新卒に明るい転職エージェントであれば、第二新卒者の気持ちに理解がありますし、サポートの質も高いのでここだけは注意して転職エージェントを選んでくださいね。

 

以下の記事では、第二新卒や20代の転職に強い転職エージェントをまとめています。併せて参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選