第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

23歳の転職を乗り切るコツは?経験やスキルなしの転職術

23歳の転職を乗り切るコツは?経験やスキルなしの転職術の画像
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「23歳の自分には経験やスキルがない…」
そう悩んではいませんか?

この記事では
「23歳の転職を成功させるコツ」
についてお話しします。

不安な23歳の転職。実は若さを求めている企業は多い!

23歳で転職を考えている方は、大卒や専門卒であれば短い社会人経験が不安でしょうし、高卒であれば学歴が気になるはずです。

いずれの場合も、

スキルも経験も不足している23歳の自分を雇う企業なんてある!?
本当に転職できるのかな。。。

と不安な気持ちになりますよね。

 

たしかに、社会人経験が1年程度だと経験やスキルは評価されませんし、学歴で判断する企業も少なくないので、転職は厳しいとも言えます。

 

しかし、世の中のすべての企業が、経験者やスキルの高い人材を求めているわけではありませんし、学歴だけでなく人物像を重視する企業もあります。

 

とくに、20代前半の「若さ」「可能性」に重点をおいて採用活動をする企業は、ここ数年は増えていることは、第二新卒採用のデータからも確実です。

第二新卒者を積極採用する見通しの企業

43.4%(2012年)

62.2%(2014年)

参照元:マイナビ20’shttps://mynavi-job20s.jp/guide/guide02.html

こうした「20代前半の転職者を積極的に採用している企業」にうまく出会えるが転職成功の大きなポイントになってきます。

そして、うまく「若さや可能性をアピールできるか」で23歳でも転職を叶えることはできます。

企業は23歳の転職者に何を求めているかを知る!

企業は23歳の転職者に何を求めているかを知る!

転職成功のコツとして、まずは認識したいのが「企業は23歳の転職者に何を求めているか」です。

 

社会人経験が短くスキルや学歴が気になると、それを補完しようと「自分を大きく見せなくては…」と思ってしまいますよね。

  • 「こんな能力があるので、御社の力になりますよ。」
  • 「入社1年でこんなに結果を出しました。」

中身が伴っていれば問題ありませんが、そうでない場合は採用担当者に不信感を抱かせることになってしまいます。

面接官
経験1年で、仕事をすべて分かったつもりなのかな。。。採用しても扱いにくいかも…

逆にこんなふうに思われてしまうかもしれません。

 

ですから、無理に自分の経験やスキルを演出しなくていいので、「素直さ」「謙虚な姿勢」を持って転職に臨むことをおすすめします。

 

なぜなら、企業が社会人経験やスキルがない23歳の転職者に求めるのは、

  • 若さ
  • やる気や熱意
  • ポテンシャル(可能性)
  • 人柄の良さ

などが中心だからです。

 

「第二新卒の採用で重視した基準」を調査した結果を見ても、

1位 入社意欲の高さ     41.5%

2位 一緒に働ける人材か   36.5%

3位 社内と合いそうな人材か 33.7%

(複数回答) 参照元:マイナビ転職

このように、経験やスキル、学歴などはほとんど重視されていません。

 

23歳の転職では、「経験やスキルをどう伝えるか」ではなく、

  • どうしたら入社意欲が伝わるか
  • 人柄の良さを分かってもらえるか
  • 一緒に働きたいと思ってもらえるか

に重点をおいて転職活動を進めることが、成功のカギになると言えますね。

23歳の転職者はどんな姿勢で転職に臨めば好印象を与えられる?

23歳の転職者はどんな姿勢で転職に臨めば好印象を与えられる?

転職成功のもうひとつのコツとしてお話したいのが、「どんな姿勢で転職に臨めばいいか」です。

すでにヒントはお話しています。そうです、「素直さ」「謙虚な姿勢」ですね。

 

23歳で転職をするということは、現職に不満を抱えている方が多いはずです。

そのため転職するからには、

  • 自分を活かせる仕事じゃないと続けられない…
  • もう残業が多い会社はウンザリ…
  • 嫌な上司や同僚がいない職場がいい…

こんなふうに様々な思いを改善したいと考えているはずです。

 

もちろん、何を改善したいかを明確にして転職に臨むのは大切ですが、「自分はこうしたい」「自分はこれは嫌だ」という気持ちばかりだと、物事はうまく進みません。

大切なのは、素直さや謙虚な姿勢です。

 

23歳の転職では、「自分はこうしたい、ああしたい」「これは嫌だ」というように自分本位ではなく、

  • 「自分はいったい何が出来るか」
  • 「自分はどんな仕事に挑戦できるか」

をテーマに転職を進めていきましょう。

 

冒頭でもお話したように、経験やスキル、学歴が不足していると、転職は決して簡単には進みません。

23歳という若さや可能性を評価してくれる企業は多くても、自分本位な姿勢は確実に敬遠されます。

 

入社意欲を伝えるため、一緒に働きたいと思ってもらうためにも、自分には何ができるかをよく考えて、挑戦する気持ちを忘れずに転職活動に取り組むと、良い流れが出来ますよ。

転職支援サービスを活用して23歳の転職のコツを活かす!

23歳の転職のコツを活かすには転職支援サービスを活用する

しかし、

  • 「自分はいったい何が出来るか」
  • 「自分はどんな仕事に挑戦できるか」

これがよくわからないという方も多いはずです。

また、23歳の転職では入社意欲や人柄を伝えれば良いということは分かっても、それをどう書類や面接に反映させたらいいのか…これも難しいですよね。

 

そこでおすすめしたいのは、転職支援サービスを積極的に活用することです。

転職支援サービスというのは、会員登録をすることで、

  • 希望に合った求人紹介
  • 自己分析などのカウンセリング
  • 書類や面接のアドバイス
  • 求人企業への推薦や交渉

などを、キャリアアドバイザーという担当者が無料で行ってくれるサービスです。

 

キャリアアドバイザーに相談すれば、どんな仕事に応募できるかを客観的に教えてくれますし、どんな職種に向いているかなども、カウンセリングの後にアドバイスしてくれます。

 

また、求人企業へ推薦してくれる場合もあるので、23歳の転職で不利な面があっても、内定が取りやすくなるメリットがあります。

ここまでお話した転職のコツを活かすために、キャリアアドバイザーに相談してみることをおすすめします。

23歳の転職におすすめできる転職支援サービスは!?

転職支援サービスは、第二新卒の転職に力を入れているサービスを活用してください。

そうしないと、丁寧なサポートを受けられないケースもありますし、20代前半の転職にふさわしい求人に巡り会えない恐れもあります。

 

ぼくがおすすめできるのは、第二新卒の転職に強い「ハタラクティブ」です。

レバレジーズ株式会社が運営している、職歴が短い転職者に特化したエージェントです。

話しやすく親切なキャリアアドバイザーがサポートしてくれますし、未経験歓迎求人や第二新卒求人が豊富で安心して利用できます。

今後のキャリアを真剣に考えてくれるので、転職の不安や悩みが相談しやすいです。

サポートエリアは関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)限定なので、対象の方は登録しておくと良いですよ。

公式サイト:ハタラクティブ

 

また、関東以外で転職する方には、大手リクルートが運営している「リクルートエージェント」がおすすめです。

20代の転職にリクルートエージェント

最大手のエージェントサービスだけあって、全国の第二新卒求人を探してもらうことができます。

まずはここに登録して情報収集してみることをおすすめします。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選