第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

20代で転職2回目。不安ならこれだけ覚えておけば大丈夫!

20代で転職2回目。不安ならこれだけ覚えておけば大丈夫!の画像
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「20代で転職2回目」
転職できるか不安ですよね。。。

この記事では、
20代2回目の転職を成功させるコツ
をお話しますね。

20代で2回目の転職を不安に思う必要はない!?

転職したいけど、20代でもう2回目。。。
大丈夫かな!?
転職回数が多いと、
やっぱり採用担当者はマイナス評価するの!?

こんなふうに、20代で2回目の転職をしようと思っても、転職回数が増えることを不安に思う方は多いのではないでしょうか?

それはきっと、転職を繰り返す人のことを”ジョブホッパー”と呼ぶように、「会社は長く努めるのが正解」という空気が未だにあるからもしれません。「石の上にも三年」とよく言いますしね。

 

もちろん、あまりに転職回数が多いと、それがマイナス評価につながり、転職が厳しくなるのは事実です。

しかし、最初にお伝えしておきたいのは、「20代で転職2回目」というのは、必要以上に気にしなくてもよいレベルの転職回数だということです。

 

逆に20代だからこそ、「転職回数が増えても必要があれば積極的に転職をするべき」ということは知っておくべきです。

 

ここからは、転職回数が気になって不安な時の

  • 「転職の進め方」
  • 「これだけは覚えておきたい事」

をお話していきます。20代2回目の転職を成功させましょう!

2回目なら転職回数を気にしなくて大丈夫!その理由は!?

3回以内なら20代転職は回数を気にしなくて大丈夫!

「とにかく会社は辞めてはいけない」そんな固定観念を持っている人は未だに多いですが、、、今は、大学卒業後に新卒入社した人の30%が3年以内に離職する時代です。

 

@typeが公表しているデータによると、「初めて転職した年齢」で最も多かったのが25歳。

この結果からも分かるように、近年はしっかり経験を積んで転職するよりも、スキルアップを狙って、若い内にどんどん転職をするケースが増えています。
参照元:@type http://type.jp/s/first/f_age.html

 

第二新卒求人のニーズが高く、人気があることもそうですが、「20代のうちに1度や2度は転職してキャリアアップするスタイル」が主流になりつつあるというわけです。

 

逆にいくら経験を積んでいても30代になると、転職で求められる「経験値」「スキル」「人材像」などのハードルが高くなってしまうので転職は難しくなります。

とくに未経験分野の仕事に就くのは一気に厳しくなります。

 

ですから、今20代で、

  • 未経験・異業種の仕事にチャレンジしたい
  • 一からやり直す覚悟で頑張りたい

という気持ちで転職を考えているのであれば、「20代で2回目か。。。」と転職回数を気にせずに「年齢」のアドバンテージがある内に早めに行動を起こしましょう。

 

さすがに、20代で転職回数が4〜5回、在職期間も数ヶ月、仕事内容に一貫性もない、となれば、問題アリですが、、、

そうでない限りは、20代のうちに転職しておいたほうが、広い選択肢と良い条件から仕事を探すことができますよ。

「20代で2回目…」転職回数が不安ならこれだけは押さえよう!

「20代で2回目…」転職回数が不安ならこれだけは押さえよう!

20代で2回目の転職は、転職回数を気にする必要がないことはお話しましたが、それでも「マイナスに見られないか不安だな…」と思う人は多いかもしれません。

 

実は私も20代で2回の転職経験があるのですが、転職回数が増えることに不安を覚えたのも確かです。

 

しかし、次の2つを押さえて転職活動を進めたことでしっかり内定は取れました。

  • 転職理由は明確に伝えて反省すべきところは反省する
  • なるべくたくさんの企業に応募する覚悟で臨む

この2つですね。

 

転職回数に関わらず、「どうして転職するのか?」「なぜ前職を離職したか?」は、必ず採用担当者がチェックするポイントです。

過去に転職経験があれば、その時の理由も合わせて聞かれる可能性は高いので、明確な理由と、そこから得た反省を伝えることが大切です。

 

例えば、人間関係や職場の不満が原因で転職する場合は、それをそのまま伝えるのは難しいところですが、理由はどうであれ「反省点として何を得たか」をしっかり話せるかどうかが、あなたの信頼度を高めます。

 

 

また、1社入魂で応募先を狭めるのではなく、なるべくたくさんの企業に応募する覚悟で臨むことも大切です。

一社入魂ではなくなるべくたくさんの企業にアプローチする

20代の転職は、応募者の可能性を期待してポテンシャル採用をするケースが多く、採否のポイントが経験やスキルというよりは「人間性」「やる気や熱意」に懸かってくることが多いです。

この場合は、

  • いかに自分の魅力や熱意に共感してもらえるか
  • 共感を得られる企業にどれだけ多くアプローチできたか

も転職成功の鍵になってきます。

 

ですから、次にお話しする「転職支援サービス」をうまく活用して、なるべくたくさん自分に合った企業にアプローチしましょう。そうすれば、必ず結果はついてきます。

20代で転職2回目ならその理由をキャリアアドバイザーに相談しておく

20代で転職2回目ならその理由をキャリアアドバイザーに相談しておく

20代で2回目の転職をスムーズに行なうためには、転職支援サービスを活用して、キャリアアドバイザーに仕事選びや転職のサポートをしてもらうのがおすすめです。

 

転職支援サービスというのは、

  • 希望や経験・スキルに沿った求人紹介
  • 面接や応募書類の対策
  • 応募企業の細かい情報提供
  • 転職の不安や悩み相談

などをキャリアアドバイザーという担当者に無料でサポートしてもらえるサービスのことです。

 

先にお話したように、自分に合った求人を効率よく集めるには、キャリアアドバイザーのサポートが欠かせません。

転職のプロの目から見て、あなたに合致していると判断した求人であれば、書類通過率も内定率も上がるので、転職活動を積極的に進めることができるというわけです。

キャリアアドバイザーに相談して転職活動を進めたほうが、仕事選びの幅は広がりますし、転職回数に対する不安も和らぎますよ。

20代で転職2回目の転職はキャリアアドバイザーに相談しよう

また、キャリアアドバイザーに相談するときは、転職理由をしっかり解決できるように働きかけることも大切です。

20代で2回目の転職をするということは、1回目の転職では不満が解決しなかったか、新たな不満や変えたいポイントが出てきたからだと思います。

次の職場では長く働けるように、キャリアアドバイザーに納得するまで相談することをおすすめしたいです。

 

いずれにしても20代の転職は、自分に合った「求人選び」が大切。転職事情に明るく、詳しい企業情報を掴んでいるキャリアアドバイザーにしっかり相談しましょうね。

20代2回目の転職におすすめできる転職支援サービスは?

ちなみに20代転職に強い転職支援サービスでおすすめできるのは、「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、24歳から29歳の20代転職者を専門的にサポートしてくれるサービスです。

”20代専任”のキャリアアドバイザーにサポートしてもらえるので、転職回数の不安など、聞きにくいことが相談しやすいのでおすすめです。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっていますから、上記のエリアで転職するなら真っ先に登録しておきたいエージェントです。

転職支援サービス選びに迷ったら、マイナビジョブ20’sを選べば安心ですよ。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選