第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

3年は続けるべき!?社会人1〜2年の転職はどうなの?

社会人1年目,転職
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

転職したいけど3年は続けるべきか。。。
これは悩みますよね。

この記事では、
3年続けるかどうかの見極め方
をお伝えします。

少しでも参考になれば嬉しいです!

社会人経験が3年に満たないうちは転職するのはNGなの!?

3年という期間は、様々な場面で1つの区切りとして使われることが多いです。

どんな仕事も3年は続けるべきだ!
石の上にも3年と言うじゃない!

と表現され、若者を諭すのによく用いられるフレーズです。

みなさんも、一度は聞いたことや言われたことがあるのではないでしょうか。

 

実際に、転職の求人を見てみると「◯◯経験3年以上」などの条件つきの募集も数多く存在することも事実です。

期間はそれぞれですが、3年をひとつの目安として「十分な経験を積んでいる人材」として、判断する企業も多いようです。

 

ということは、社会人経験が3年に満たないうちは、転職するのはNGなのでしょうか!?

この記事では、そんな疑問を持つ社会人3年以内で転職を考えている方に、知っておいてほしいことをまとめてみました。

スポンサードリンク

社会人3年以内に転職を考える人が「社会人経験3年」をどう捉えるかが大切!

社会人1年目,転職

例えば、どんな仕事であっても、

  • 「3年はとにかく続ける」
  • 「3年はどんなことがあっても辞めない」

という姿勢で働いたとします。

3年あれば基本的なことはしっかりこなせるようになりますし、その努力は素晴らしいことです。

 

とくに、長時間労働、過度なノルマ制度があるなど、労働条件が厳しい環境であれば、耐えぬいたことが、ひとつの頑張りとして認められるかもしれません。

しかし、「とにかく3年は続ける」という努力が、必ずしも全て良い方向に行くわけではない、ということも考えておくべきです。

 

「3年続けた経験」は、あなたにとって、良くも悪くも転職をするときに大切な職務経験となります。

もちろんアピールポイントになりますが、場合によっては転職の足を引っ張ることもあるのです。

3年間、ひとつのコンピュータ言語のスキルのみを伸ばすことに費やした
sign3 新しい環境に転職したいと思ったけれど、、、
3年のうちにその技術を必要としている会社は減ってしまった。

3年間、アシスタントとして同じ内容の仕事を淡々とこなしてきた
sign3 今度は自分がリーダーとして活躍したいので転職を志したけれど、、、
「3年もアシスタントだったのなら、率先的な仕事はできないのでは?
と応募企業に判断された。

上記は極端な例ですが、「転職市場の動向」「目指す業界の動向」は常に変わります。

そして何より「自分がどういう方向に向かいたいか」を考えずに、ただ3年間を耐え過ごすというやり方は、建設的な職務経験の積み方とは言えません。

スポンサードリンク

「3年続ける経験」が、本当に3年後の転職に役に立つかを見極める必要があります。

社会人2年目,転職

転職をするときは、

  • 「これまでの経験・スキル」
  • 「これからどうしたいか」
  • 「企業にどんな価値を与えることができるか」

が何よりも大事になってきます。

つまり、「3年」という年数を積んでいても、中身が伴っていなければ転職を有利には出来ない可能性があるのです。

 

もしも、3年未満で転職を考えていたとしても「明確な目標」「自分の強みや価値が見えている」のであれば、年数に囚われて必要は無いと思います。

また、会社や人間関係の不満、やりたい仕事ができないなど、会社とのミスマッチが原因で転職を考えている人も同様です。

 

今は、第二新卒転職が一般的になっているので、社会人経験の短さに関してそれほどマイナスイメージを持たずに積極的に採用をする企業も増えています。

「3年」という枠に囚われて苦しい思いをするよりは、しっかりと自己分析をして、自分に合った企業を探し、新たな職場で頑張ったほうが、もしかすると自分のためになるかもしれないのです。

 

いずれにしても、これが「正解」ということは一概には言えませんが、転職で大事なことは

  • 「これまでの経験・経歴」
  • 「これからの目標」
  • 「企業に自分がどんな価値を与えられるか」

というところにあります。

年数だけで判断せずに、「転職の本質」を考えて行動することが大事ですよ。

スポンサードリンク

社会人3年以内の転職を考えているなら転職支援サービスを活用する!

もしも、社会人3年以内の転職を考えているのであれば、はじめての転職でしょうから、転職支援サービスを活用することをおすすめします。

はじめての転職では、自分の経験やスキルにどんな価値があるかも掴めませんし、どんな仕事を選んでいいのかも不安なはずです。

 

転職支援サービスに登録すれば、カウンセリングをした後に、

  • 希望に沿った求人紹介
  • 面接や応募書類のアドバイス
  • 不安や悩み相談

などを無料でサポートしてもらうことができます。

 

転職というと、「自分で求人を探して応募する」というイメージがあるかもしれませんが、右も左も分からない状態でひとりで進めるより、こういった支援サービスを受けたほうが安心です。

とくに第二新卒転職に力を入れているサービスを活用すれば、社会人経験が少なくても、転職活動を有利に進めることができるので、利用しない手はありません。

以下の記事では、第二新卒や20代の転職に強い転職エージェントをまとめています。併せて参考にしてくださいね。

 

企業にとっても社会人3年以内の第二新卒者はニーズが高いので、「3年」という数字に囚われずに、自分の意思で転職を考えるようにしましょうね。

スポンサードリンク

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選