第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

第二新卒転職で気をつけたい!求人情報を見るときのコツ

社会人3年目,転職
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

求人情報ってどう見たらいいのか、悩みますよね。

この記事では、
『求人情報を見る時のコツ』
をお伝えします。

少しでも参考になれば嬉しいです!

 

転職サイトにしろハローワークにしろ転職をするには求人情報をチェックしますよね。

あなたはどんなことを気をつけてチェックしていますか?

第二新卒転職であれば、自分のスキルや経験などが募集条件を満たしているか気になるところでもありますよね。

 

自分が気になる項目に目がいくのは当たり前ですが、実は求人情報のひとつひとつから、転職を成功させるために必要な情報を読み取ることができます

この記事では、そんな「求人情報を見る時に気をつけたいこと」をまとめてみました。

スポンサードリンク

求人情報の主な項目はこんな風に見る

求人情報には、給与や休日、交通費などの待遇面、学歴やスキルなどの条件面などが主に記載されています。

この情報をもとに、まずは自分がこの会社で働けるかどうかを検討しましょう。

社会人2年目,転職

給与について

  • 固定給(月給制)・・・毎月決まった金額を支給
  • 固定給(日給月給制)・・・欠勤した日数分が引かれた金額を支給
  • 年俸制・・・多くの場合年収を12ヶ月で割って支給

休日について

  • 完全週休2日・・・毎週土日が休日
  • 週休2日・・・土日が休みとは限らず週に2日休日がある
  • ローテーション・・・決まった休みではなく交代で休日をとる

交通費について

全額支給の会社、または上限のある会社もあります。上限の記載がない場合は、面接時に確認する必要があります。

学歴について

大卒以上や高卒以上など条件がある場合があります。

しかし、条件を満たしていなくても経験等が豊富にあれば採用試験を受けられる可能性もあります。

その際には、採用担当者に前もって相談する必要があります。

年齢について

最近は制限をしない求人募集が多くなってきましたが、ある程度企業側としては求めている年齢があるのが普通です。

ここでも、経験等アピールできるポイントがあれば多少は年齢に誤差があっても採用試験を受けられる可能性はあります。

試用期間について

会社がそれぞれ決めており、試用期間中は給与が変わることもあるので要チェック。

スキルについて

企業側で求めているスキルを記載している場合があります。

採用を決める上で重要なポイントになる可能性もあるので、しっかりチェックしてください。

実際に取得済みや経験したスキルがあれば職務経歴書にしっかり記載しましょう。面接時にもスキルや経験のアピールはとても有効です。

 

ただし、応募先の仕事に全く関係の無い資格やスキルのアピールは逆効果必ず関連のあるものを選んで記載、アピールすることを忘れないでください。

もしも、現在はスキルや資格が無いとしても「勉強をしている」など前向きな姿勢はいい評価につながります。

スポンサードリンク

求人情報から「どんな人材を求めているのか?」が見えてくる

社会人1年目,転職

このように求人情報をよく見ていくと「この会社はどんな人材を求めているのか?」ということもなんとなく見えてくるのではないでしょうか。

もしも、気に入った求人情報があるのであれば
「求められている人物像」をイメージして転職活動を進めて行きましょう
応募書類の作成から面接まで、そのイメージは役に立つはずです。

 

また「企業が求めている人材・人物像」をさらに明確に知るためには、転職支援サービスに登録してアドバイスを受けましょう。

企業と転職者をマッチングするのが転職エージェントの仕事です。

例えば、この企業が求めるのはこういう人材、この企業はこれを1番に考えている、など求人情報だけでは分からない深い情報が得られます。

 

以下の記事では、第二新卒や20代の転職に強い転職エージェントをまとめています。併せて参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選