第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

必見!第二新卒転職の履歴書『志望動機』書き方のポイント

必見!第二新卒転職の履歴書『志望動機』書き方のポイント
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

履歴書の志望動機はどう書けばいいのか…悩みますよね…

この記事では、
受かる志望動機の書き方のポイント
をお伝えします。

第二新卒の志望動機は書き方次第で魅力的になる!

第二新卒転職の履歴書のなかでも大事なのが「志望動機」。応募企業へ自分をアピールをするために欠かせないものです。

 

学歴欄や職歴欄は、企業側にとって選考基準となる情報ですが、好感を与えたいからと言って、これまでの学歴・職歴を変えることはできませんよね。

その点志望動機は、書き方次第で魅力的で興味を惹くものにすることができます。

 

応募企業に合わせて、その都度自分の考えや思いを記載することができますし、熱意や意欲を上手くアピールすることで、好印象を与えることが可能です。

 

この記事では「志望動機はどんなポイントに注意して書けば良いか?」をテーマにまとめてみました。

魅力的な志望動機を練り上げてくださいね。

スポンサードリンク

第二新卒の志望動機は当たり障りがないものではなく「自分は何ができるのか?」を意識する

第二新卒の志望動機は当たり障りがないものではなく「自分は何ができるのか?」を意識する

志望動機を書くとき、もっとも気をつけたいことは、当たり障りがなくどの企業にも応用できそうな動機はNGだということです。

数ある応募の中では、当たり障りのない動機は採用担当者の目に止まりにくく、漠然として不明瞭な動機も転職の書類選考では不利に働く可能性が高いです。

  • どうしてこの企業に応募したいと思ったのか具体的な動機
  • こんな貢献ができるという応募企業のメリットになる事

このようなことを、転職の志望動機に織り込んでおくことをおすすめします。

 

採用担当者は、あなたの志望動機から「入社したいという意欲がどれだけあるか」「どんな強みを持ち、自社で活躍できるか」ということを読み取ろうとします。

 

ですから、志望動機の内容は、具体的かつ明確なほうが応募者の活躍をイメージしやすく、ぜひ会って話を聞いてみたいと思うわけですね。

 

「採用担当者が会ってみたいと感じる志望動機はどんなものだろう?」と考えながら、志望動機を練るのもおすすめ。

企業は志望動機を見て「この応募者を採用するメリットがあるのだろうか?」と考えるので、「自分はこんなことで企業に貢献ができる」と明確に記載したほうが好印象ですよ。

スポンサードリンク

履歴書の志望動機は応募者の活躍を見極める貴重な情報源

社会人3年目,転職

このように第二新卒転職の志望動機は、

  • 「明確で具体的な動機」
  • 「応募企業が得るメリット」
  • 「どんな貢献ができるか」

これらをうまく伝えるために練り上げる必要があります。

採用担当者にとって志望動機は、応募者が自社で活躍できるのかを判断するための大事な情報源。上記のポイントをしっかりと押さえて、魅力的な応募書類の作成を目指しましょうね。

 

また、以下の記事では「入社1年目から3年目に転職する人に向けた応募書類の書き方」について更に詳しく解説しています。合わせて参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選