第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

経理は向いてない辞めたいと思ったら20代でするべき3つのこと。

経理は向いてない辞めたいと思ったら20代でするべき3つのこと。の画像
Hiro
20代転職の専門家、Hiroです。

「経理の仕事は向いてないな…辞めたいけど、不安だな…」
こんなふうに悩んでいませんか?

この記事では、
「経理に向いてないと思ったら20代でしておきたいこと」
についてお話ししますね。

経理が向いてない・辞めたくても、20代ならチャンスはある!

私には経理職は向いてないかも…

転職したらいいのかな!?

自分はずっとデスクにいるより、動き回って仕事がしたい…経理って向いてないかもな…

あなたもこんなふうに、経理の仕事が向いてないかも!?と思っているのではないでしょうか?

理由やきっかけは様々だと思いますが、一度でも『経理は自分に向いてない』と考えてしまうと、モチベーションは下がり、この先どうしたらいいのか不安になりますよね。

 

でも、経理が向いていなかったとしても、20代ならまだまだやり直すことはできます。

 

ぼく自身、20代で2度の転職を経験しているんですが、、、新卒で入社した会社で営業を任され、「どうしても自分には向いてない…」と悩み退職、まったく別の職種へと転職した経験があります。

転職先のIT系企業では、主にマーケティング担当になり、これが向いていたようでやりがいのある充実した時間を過ごすことができました。

 

転職することが全てではないですが、20代ならチャンスも多いので、それを掴む準備だけはしておいたほうが良いです。

というわけでここからは、『経理が向いていないと思ったときにしておきたい3つのこと』をお伝えしていきます。ぜひ、参考にしてくださいね!

経理は『向き不向きがある仕事』。20代でそれを見極めよう

経理は『向き不向きがある仕事』。20代でそれを見極めよう

人には、「向いていること」「不向きなこと」があります。

毎日たくさんの人に会いに行って動き回っているほうが、力が沸いてくるし、疲れない。

という人もいれば、

限られた人たちといたほうが安心して力を発揮できるし、やる気も沸いてくる。

という人もいますよね。

経験や環境の変化によって、不向きだったことが向いていることに変わるケースもあるとは思いますが、基本的に向いていないことを続けるのは、エネルギーをたくさん使う割には、なかなか成長につながらないことが多いのではないでしょうか。

 

ですから、20代の今のうちに、本当に経理に向いていないのかどうかをきちんと見極めてしまったほうが良いです。

その理由については次の章でお話しするので、まずは「どんな人が経理に向いているか」を見てみましょう。

  • ルーティンワークに対して集中力がある
  • 数字に対して苦手意識がない
  • 問題点を見つけることが好き
  • 効率的に仕事をしたいと思っている

この4つが、経理に向いている人の特徴と言えます。

 

逆に、経理が向いていないのはどんな人かというと、

  • 一日中デスクワークをすることに大きな苦痛を感じる
  • 大雑把な性格で小さなミスが多い
  • コミュニケーション力が乏しくまわりと上手くやるのが苦手

このあたりですね。

 

これら経理の適性を参考にして、

  • どんなポイントが向いてないと思うか
  • どんなポイントならそこそこ合格と思うか

をハッキリさせておきましょう。

経理に向いてないからと言って、適性や業務のすべてがダメという人はいないはずなので、きちんと考えてみてください。

 

どうしてこんなことをしておいたほうが良いかというと、仮に経理以外の仕事に転職することになったとしても、これまでの経理経験があなたの大きな武器になるからです。

 

転職するときは、これまでの経験が評価対象になるので、「経理の仕事はすべて向いてなかった」という姿勢だと、採用されるものもされなくなってしまいます。

ですから、経理経験から活かせるものを見極めて

一日中デスクにへばりついているのは無理だから、もっと動き回れる仕事に転職しよう。

でも、問題点を見つけることに関しては長けているから、面接でアピールしよう。

こんなふうに考えることが大切なんです。

20代なら経理が向いてなくてもキャリアチェンジは難しくはない

20代なら経理が向いてなくてもキャリアチェンジは難しくはない

先ほど、『20代の今のうちに、本当に経理に向いていないのかどうかをきちんと見極めてしまったほうが良い』とお話ししましたよね。

でも、どうして20代の今のうちが良いんだろう?と思ったかもしれません。

 

その理由は、経理が向いていなかったとしても、20代ならキャリアチェンジ(職種を変えたり業種を変えて転職)が難しくはないからです。

正確には、20代後半よりは20代半ば、20代半ばよりは20代前半というように若いほうが職種や業種を越える転職はしやすいです。

 

逆に、30歳を過ぎて未経験職に転職しようとしても、企業が30代に求めているのは、

  • 即戦力になってくれる力があること
  • チームリーダーになる資質があること
  • マネジメント力を発揮してくれること

などなので、未経験だと採用基準に達しないことが多くなってしまうんですね。

 

なので、「経理は向いていないかも…」と思っているなら、20代の早いうちにキャリアチェンジについて考えることが、とても大切なことなんです。

 

30代を迎えてから、「やっぱり経理は辞めて別の仕事をしたい」と思っても、転職で苦労することは避けられません。

20代でチャンスが多いうちに、キャリアプランを考えておいたほうが良いですよ。

経理経験をもとにどんな仕事に転職できるか必ず情報収集しておこう

経理経験をもとにどんな仕事に転職できるか必ず情報収集しておこう

冒頭で、20代ならチャンスも多いので、それを掴む準備だけはしておいたほうが良いとお話ししましたよね。

その『チャンスを掴む準備』とは何かというと、ズバリ「転職活動をしておく」ということです。

 

ただし、転職活動と言っても、「経理が向いてないならとにかく辞めればいい」というわけではなく、自分に有益な情報を常に集めておくことが基本です。

 

経理が向いてないと思っても、すぐに転職できるかと言えばそういうわけではないですよね。

  • 経理が向いてないなら何が向いてるんだろう?
  • 転職して給料が下がったり待遇が悪くなったらどうしよう…
  • そもそも転職できるのかな?

と不安も多いので、経理が向いてないと考えても「ズルズル仕事を続けるしかない」という状況に陥っている人が多いはずです。

 

これを打開するには、情報収集をして「経理を辞めて転職したらどうなるのか」をシミュレートしておくと、行動しやすくなります。

 

具体的には、転職エージェントを使ってキャリアアドバイザーに転職相談をしておくのが1番手っ取り早く確実ですね。

転職エージェントは、会員登録をすれば、

  • 希望に沿った求人を探し出してもらえる
  • 応募する企業の詳細情報を教えてもらえる
  • キャリアプランや転職すべきかを相談できる

などをキャリアアドバイザーという担当者が直接サポートしてくれるサービスです。

これを使えば、経理を辞めて転職したらどうなりそうかを客観的にキャリアアドバイザーが教えてくれるので、転職の見通しが立てやすくなります。

キャリアアドバイザーの画像

例えば、経理以外にどんな仕事が向いているのか分からなくても、キャリアアドバイザーが適性や希望を考慮して求人を薦めてくれるので、キャリアプランを考えやすくなったり、

転職することで年収や待遇がどうなるか不安なときも、事前に「想定できる年収の増減」や「採用されそうな求人はどんなものがあるか」を教えてもらえるので、転職したらどうなるかを予測しやすくなって安心というわけです。

また、キャリアアドバイザーとつながりを持っておけば、良い求人が出たときに紹介してもらえるので、チャンスを逃さずに済みます。

 

ですから、経理は向いてないと思ったら、まずはキャリアアドバイザーとつながりを持って、自分に有益な情報を集めておくのがおすすめです。

経理経験をチャンスに変えるために使いたい、情報収集に便利な転職エージェント

いかがでしたか?

『経理が向いてないと思ったら20代でしておきたいこと』をお話ししてきました。

 

繰り返しになりますが、20代はたくさんチャンスがある年代なので、経理の仕事が向いていなくても巻き返すことはできます。

そのために、チャンスを掴む準備をしておきましょうね。

 

最後に、情報収集に便利な転職エージェントをお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

 

大手マイナビワークスが手がけている「マイナビジョブ20’s」というサービスがおすすめです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代転職者専門のエージェントサービスなので、サポートの丁寧さ、20代求人の豊富さなどは他社よりもワンランク上の印象です。

また、転職の不安や分からないことを相談しやすいのがおすすめの理由です。

大手のエージェントは、どうしても機械的な対応をされることが多いですが、マイナビジョブ20’sは親切に対応してくれるので安心ですよ。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっていますから、上記のエリアで転職するなら登録しておきたいエージェントです。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選