第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

第二新卒者が知っておきたい3つの退職初歩的マナー

社会人3年目,転職
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

退職することになったけど、
退職マナーがわからない…というのは不安ですよね。

この記事では、
『3つの退職初歩的マナー』
をお伝えします。

少しでも参考になれば嬉しいです!

 

転職する際に避けて通れないこと…それは現在働いている会社を退職することです。

退職がしっかりと心に決まっていれば、決まった手続きを淡々とこなすだけとも言えますが、実際には直前になって色々と悩む。。。そんな人も多いのではないでしょうか。

 

いくら良さそうな会社に採用が決まったとしても、実際のところは働き出してみるまでは本当のところは分かりません。

誰でも自分が経験したことがないことには不安がつきまとうものです。

 

それに加え、20代前半の転職者の多くは退職に関しても始めての経験のはず。

何度も経験するようなことではないとはいえ「始めての退職」は結構エネルギーを使うと思います。

この記事では、退職する時に知っておきたい3つのマナーをまとめてみました。

スポンサードリンク

退職する時には少なくともこの3つのマナーを心がけよう

退職に関しては、自分だけで悩んでいる内はまだ修正がききます。

しかし、いざ会社に退職を伝えてしまってからは、なかなか後戻りはできないもの

 

ですから、退職は慎重にタイミングを考えマナーを守って行うようにしましょう。

1.退職希望日の少なくとも1ヶ月前にはその意思を伝える

社会人2年目,転職

退職希望日の1ヶ月前にはその意思を伝えるのがマナーです。
欠員が出るということは、人員補充や引き継ぎなどの準備を会社側が行う必要があり、大抵は就業規則にもそのような規定がある場合がほとんどだと思います。

 

また、まずは最初に直属の上司に退職の意思を伝えるのが常識です。

を守らず行動に出ると、場合によっては上司に迷惑がかかることもあります。
このマナーはしっかり守るようにしましょう。

スポンサードリンク

2.次の担当者のために引き継ぎはきちんとする

あなたの代わりになって業務を引き継ぐ後任の人が、スムーズに仕事にかかれるように引継ぎは出来るだけしっかり、丁寧にしましょう。

 

退職する会社とはいえ、いい加減な対応をしたまま辞めることが後々不利に働くことだってあります。
将来、その時の同僚や上司とまた一緒に仕事をする機会が絶対に訪れないとは限りませんから。

3.職場の同僚や上司などお世話になった人たちにはきちんと挨拶をする

2の場合と理由は一緒で、やはりこれまでの人間関係を大切にしておくことは重要なことです。
取引先やそれほど親しくなかった同僚にも退職時には挨拶をすることは忘れないようにしましょう。

まとめ

社会人1年目,転職

転職活動を進めるにあたって、退職もひとつの大きなイベントになります。
転職先が決まると、どうしても新しい職場のことに気持ちがいくのは仕方ありません。

 

しかし、退職する会社であっても最後まで責任を持って仕事をしてこそ、転職は成功と言えるはずです。

なぜなら、円満退社することが今後のキャリアにプラスに働くことが多いからです。
お世話になった会社のため、そして自分のためにもスマートな退職を心がけましょう。

 

退職に関しての注意点は、こちらの記事も役にたつはずです。
ぜひ、参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選