第二新卒転職経験・人事担当経験アリの管理人が20代転職の悩みを解決します!

社会人1年目から3年目の転職活動は働きながら?それとも辞めてから?

社会人1年目から3年目の転職活動は働きながら?それとも辞めてから?の画像
Hiro
20代専門の転職アドバイザー、Hiroです!

第二新卒の転職活動は、
「働きながらがいいのか?辞めてからがいいのか?」
悩みますよね。

この記事では、
どちらを選ぶか悩んだときプラスになる考え方
をお話ししますね。

第二新卒の転職活動は働きながら?会社を辞めてから?どっち!?

これから第二新卒の転職活動をスタートさせるときに、最初に悩むことになるのが

  • 働きながらか転職活動をするか
  • 辞めてから転職活動をするか

ではないでしょうか?

転職活動は、自分自身でスケジュールを管理、調整する必要があるので、悩む人も多いはずです。

 

「働きながらか辞めてからか」で大きな差が出るのは「使える時間」です。

基本的に転職活動は、現職の会社には知られないように行うことが前提なので、”働きながら”の場合、

  • 通勤途中や帰宅してから求人をチェックする
  • 帰宅後に応募書類を作成する
  • 面接日は仕事と重ならないように調整する

など、時間の工夫や管理が必要になります。

転職するからといって、仕事を疎かにするわけにはいかないので、なかなか転職活動が進まないこともあるのが実情です。

 

その反面、”辞めてから”であれば、ある程度の時間は確保できるので転職活動の進むスピードは早くなります。

しかし、すぐに採用が決まるとは限らないので、

  • ブランク期間が長期化すると不利になる
  • 金銭的に苦しくなる場合もある
  • ブランクができることが気になって意図しない転職する

などの問題が出てくることもありますね。

 

以上が、”働きながら” ”辞めてから” それぞれの特徴です。

では、どちらを選ぶかの判断はなにを基準にすれば良いのでしょうか?

働きながら第二新卒の転職活動をしたほうがリスクは少なく安心!

基本的に転職活動は「働きながら」がリスクが少なく安心!

残念ながら、「働きながら、辞めてから、どっちが絶対に良い」という明確な答えはありません。

なぜかというと、あなたの職場環境や転職活動のプランにかなり左右されるからです。

 

しかしながら、出来るだけブランク期間を作らないほうが好ましいので、第二新卒転職の基本は「働きながらの転職活動」をおすすめします。

 

しかし、

  • 「長時間労働」
  • 「休みが確保できない」

など、職場環境があまりに悪いことで転職活動が全く進まない場合は話が変わってきます。

 

「求人を探す」「応募書類を作成する」ところまではなんとか可能でも、「どうしても面接日・時間が確保できない…」という場合は、方針を変更する必要も出てきます。

いくら書類選考が通過して面接に進めても、現職の都合で面接時間を確保できずにいると、転職活動は前へと進まないからです。

 

  • 仕事を調整する
  • 有給を使う
  • 応募企業に面接日を調整してもらう

こうした対策をしても面接日や時間を確保できない場合は、働きながらの転職活動には無理がありますよね。

転職をすでに決意しているなら、この時点で「会社を辞めてから転職活動をする」という道を選択するのもアリだと思います。

「面接日の確保ができるかどうか」で第二新卒転職のプランニングをしよう

転職活動は働きながら?辞めてから?のまとめ

第二新卒転職の計画を立てるときは、転職活動に割ける時間が「今の自分にはどれだけあるのか」を把握することから始めましょう。

 

「普段の仕事の状況」「普段の生活スタイル」をもとに、

  • 求人を探す時間はどれだけあるか?
  • 転職エージェントなどを訪問する日は確保できるか?
  • 面接の時間を確保するためにどんな対策がとれるのか?

を想定します。

 

先にお話ししたように、転職活動に費やす時間を確保できるのであれば、在職中に転職活動をしたほうが、ブランクを作ったり金銭的なリスクを負わずに済むのでおすすめです。

 

しかし、実際に転職活動をはじめてみて時間の確保が難しい状況に気づくこともあるので、最終的には「面接時間を確保できるか」を目安にして転職活動の計画を練っていくと良いですよ。

第二新卒転職のスケジューリングの負担を軽くする方法とは!?

第二新卒転職のスケジューリングの負担を軽くする方法とは!?

第二新卒の転職プランをこれから立てようとしている人の中には、

  • 転職活動のスケジューリングって難しい…
  • 面接日の調整なんて面倒くさい…

という人もいるはずです。

そんな場合は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

 

転職エージェントのキャリアアドバイザーが、応募企業とあなたの間に入って、面接日の調整やセッティングを代わりに行ってくれるので、負担がかなり軽くなります。

現職の仕事状況を詳しく伝えておけば、転職活動がスムーズに運ぶようにスケジューリングもしてもらえます。

 

第二新卒の転職では、はじめて転職活動に臨む人が多いはずなので、1から10まですべて自分でこなすよりも、転職に詳しいキャリアアドバイザーを頼ったほうが転職はスムーズに進みます。

転職エージェントは、積極的に活用してください。

 

ただし、必ず「第二新卒転職に力を入れているサービス」を選ぶことがポイントです。

そうしないと、満足に求人紹介をしてもらえなかったり、十分なサポートを得られないことがあるので注意してくださいね。

 

ちなみに、おすすめできる第二新卒転職・20代転職に強いエージェントは、マイナビが運営している「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代転職者を専門にサポートしてくれるエージェントです。

第二新卒専門の求人が豊富で、キャリアアドバイザーの対応も親切丁寧で相談しやすいです。

サービスの対象地域は、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 愛知
  • 岐阜
  • 三重
  • 大阪
  • 京都
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀
となっていますから、上記のエリアで転職するなら必ず登録しておきたいエージェントです。

公式サイト:マイナビジョブ20’s

 

マイナビジョブ20’sの対応地域以外で転職するのであれば、リクルートが運営している「リクルートエージェント」を使いましょう。

20代の転職にリクルートエージェント

業界最大手のサービスだけに、全国的に圧倒的な数の求人を揃えています。


20代や第二新卒向けの求人も見つかりやすいので、まずはここで情報を集めるのがおすすめです。

公式サイト:リクルートエージェント

 

『20代転職に強い』転職エージェント3選 3年目で会社を辞めて転職したい時 どんな行動を起こせばいい?

転職を成功させるには、20代に強いエージェントサービスを使うことが大切です。

  • 20代を求める企業が集まっているので転職しやすい
  • 20代転職のコツを教えてもらえる
  • 初転職、未経験職への転職にも対応してもらえる

こんなプラスがあるからです。

20代転職に強いエージェントを3社に絞ったので、チェックしてみてください。

20代転職に強い転職エージェント3選